工具の通販モノタロウ > 会社概要 > 沿革

沿革

2000年
10月
  • 住友商事と米国グレンジャー社の出資により設立
  • 事業主向けサイト「MonotaRO.com」オープン URL: http://www.monotaro.com/
  • 近畿地方・東海地方40社限定のテスト運営開始
2001年
11月
  • 間接資材調達サイト全国展開。本格営業開始
2002年
3月
  • 大阪府東大阪市にディストリビューションセンター開設(1,320m2、2003年2月に3,300m2に拡張)
2004年
7月
  • 第1のプライベートブランド「モノタロウ」を発売開始
2005年
6月
  • 登録事業所数100,000事業所を突破
2006年
2月
  • 社名変更(住商グレンジャー(株) → (株)MonotaRO)
6月
12月
  • 東証マザーズ上場
  • モバイル消費者向けサイト「IHC.MonotaROモバイル」オープン(2013/6/6サービス終了)
2007年
1月
  • 兵庫県尼崎市にディストリビューションセンター移転(24,000m2)
  • 在庫点数を15,000アイテム → 48,000アイテムに増加
5月
  • 登録事業所数200,000事業所を突破
2008年
3月
  • 本社を兵庫県尼崎市へ移転
5月
  • 自動車関連業界向け商品販売事業に参入
7月
  • モバイル事業所向けサイト「MonotaRO携帯サイト」オープン
  • 大阪市住之江区にディストリビューションセンター開設(9,900m2、2009年6月に6,600m2に縮小)
9月
  • 「間接資材総合カタログ RED BOOK Vol.4」発刊
  • 「自動車・トラック用品カタログ Vol.1」発刊
2009年
7月
  • 登録ユーザー数400,000件を突破
10月
  • 「間接資材総合カタログ RED BOOK Vol.5」5分冊にて発刊
  • 初の「工事用品カタログ」創刊
  • 取扱点数が100万アイテムに増加
11月
  • 「経費節減カタログ」発刊
12月
  • 東証一部上場
2010年
4月
  • 海外輸出事業を開始
5月
  • 第2のプライベートブランド「大阪魂」を発売開始
  • 登録ユーザー数500,000件を突破
10月
  • 「間接資材総合カタログ RED BOOK Vol.6」6分冊にて発刊
  • 初の「科学研究・開発用品カタログ」創刊
  • 設立10周年
2011年
1月
  • 取扱点数が120万アイテムに増加
2月
  • 兵庫県尼崎市のディストリビューションセンターを28,000m2に拡張
  • 大阪市住之江区のディストリビューションセンターを統合
3月
  • 登録ユーザー数600,000件を突破
  • 「オフィス・店舗用品カタログ」発刊
5月
  • 宮城県多賀城市に多賀城ディストリビューションセンター開設(8,300m2、2017年5月に閉鎖)
10月
  • 「間接資材総合カタログ RED BOOK Vol.7」7分冊にて発刊
    (※『安全・物流・清掃/事務用品編』を『安全衛生保護用品・標識編』と『梱包・物流・清掃・オフィス用品編』に分冊)
  • 取扱点数が150万アイテムに増加
  • 在庫点数を48,000アイテム→57,000アイテムに増加
2012年
1月
  • 第3のプライベートブランド「男前モノタロウ」を発売開始
  • 登録ユーザー数700,000件を突破
  • 「経費節減カタログVol.2」発刊
3月
  • 在庫点数を57,000アイテム→65,000アイテムに増加
7月
  • 「当日出荷カタログVol.1」発刊
  • 在庫点数を65,000アイテム→80,000アイテムに増加
8月
  • 登録ユーザー数800,000件を突破
10月
  • 「間接資材総合カタログ RED BOOK Vol.8」8分冊にて発刊
    (※『工具・生産加工用品編』を『作業工具/電動・空圧工具編』と『切削・研磨/生産加工用品編』の2冊に分冊)
  • 取扱点数が200万アイテムに増加
2013年
1月
  • 在庫点数を80,000アイテム→93,000アイテムに増加
  • 韓国MRO市場に進出
2月
  • 取扱点数が300万アイテムに増加
  • 登録ユーザー数90万件を突破
4月
  • 在庫点数を93,000アイテム→100,000アイテムに増加
6月
  • 登録ユーザー数100万件を突破
  • 在庫点数を100,000アイテム→110,000アイテムに増加
8月
  • フォーブス・アジアの「年商1000億円未満の最も優れた企業上位200社」に選定
9月
  • 「間接資材総合カタログ RED BOOK Vol.9」12分冊にて発刊
  • 取扱点数が500万アイテムに増加
10月
  • 企業ロゴをローマ字表記からカタカナ表記に変更
  • 東南アジア向けサイト開設
12月
  • 登録ユーザー数110万件を突破
  • 在庫点数を110,000アイテム→126,000アイテムに増加
2014年
1月
  • 本社を兵庫県尼崎市内で移転
  • 取扱点数が700万アイテムに増加
2月
  • 経費節減カタログVol.3を発刊
5月
  • 登録ユーザー数120万件を突破
  • 農業資材・厨房用品販売事業に参入
7月
  • 兵庫県尼崎市に尼崎ディストリビューションセンター開設(44,000m2
9月
  • 「間接資材総合カタログ RED BOOK Vol.10」16分冊にて発刊
  • 取扱点数が800万アイテムに増加
10月
  • 登録ユーザー数130万件を突破
12月
  • 在庫点数を126,000アイテム→200,000アイテムに増加
2015年
1月
  • 登録ユーザー数140万件を突破
2月
  • 「間接資材総合カタログ RED BOOK Vol.11 春号」8分冊にて発刊
4月
  • 取扱点数が900万アイテムに増加
5月
  • 登録ユーザー数150万件を突破
  • 医療・介護用品販売事業に参入
8月
  • 登録ユーザー数160万件を突破
9月
  • 「間接資材総合カタログ RED BOOK Vol.11 秋号」9分冊にて発刊
10月
  • 会社設立15周年を迎える
11月
  • 登録ユーザー数170万件を突破
  • 在庫点数を200,000アイテム→250,000アイテムに増加
2016年
2月
  • 登録ユーザー数180万件を突破
  • 「間接資材総合カタログ RED BOOK Vol.12 春号」9分冊にて発刊
5月
  • 登録ユーザー数190万件を突破
6月
  • 経費節減カタログVol.4を発刊
7月
  • 登録ユーザー数200万件を突破
9月
  • 「間接資材総合カタログ RED BOOK Vol.12 秋号」10分冊にて発刊
  • 取扱点数が1,000万アイテムに増加
10月
  • インドネシアMRO市場に進出
11月
  • 登録ユーザー数210万件を突破
12月
  • 在庫点数を250,000アイテム→300,000アイテムに増加
  • 登録ユーザー数220万件を突破
2017年
2月
  • 「間接資材総合カタログ RED BOOK Vol.13 春号」10分冊にて発刊
3月
  • 茨城県笠間市に笠間ディストリビューションセンター開設(56,200m2
4月
  • 登録ユーザー数230万件を突破
5月
  • フォーブスの「世界で最も革新的な成長企業」6位に選定
6月
  • 登録ユーザー数240万件を突破
7月
  • 北海道札幌市に北海道ディストリビューションセンター開設(990m²)
8月
  • 登録ユーザー数250万件を突破
9月
  • 取扱点数が1,300万アイテムに増加
  • 「間接資材総合カタログ RED BOOK Vol.13 秋号」12分冊にて発刊
10月
  • 登録ユーザー数260万件を突破
12月
  • 登録ユーザー数270万件を突破
2018年
2月
  • 中国MRO市場に進出
  • 「間接資材総合カタログ RED BOOK Vol.14 春号」10分冊にて発刊
3月
  • 取扱点数が1,500万アイテムに増加
  • 登録ユーザー数280万件を突破
4月
  • 佐賀県佐賀市にモノタロウAIストアをオープン
  • 登録ユーザー数290万件を突破
6月
  • 経費節減カタログVol.5を発刊
  • 登録ユーザー数300万件を突破
(2018年7月現在)