全日本機械工具商連合会からの確約  

住商グレンジャーは全日本機械工具商連合会より、不公正な取引方法を指示する決議を行わないとの確約を頂きました。

**********************************************
住商グレンジャーは全日本機械工具商連合会より、
不公平な取引方法を指示する決議を行わない
          との確約を頂きました。
**********************************************
先に御連絡した通り、当社は7月23日に機械工具の流通業者の組合である全日本機械工具商連合会〔全機工連〕に対し、東京地方裁判所に不公正な取引方法差止処分命令申立を行いました。


これは当社の提示している価格が現在の機械工具流通業者が提示している価格を下回っている事より、全機工連の地方組織である両毛機工会が全機工連に対して、各メーカー並びに卸業者に圧力をかけ、 各メーカー並びに卸業者から当社への販売を妨害する決議を求めたのに対し、そうした決議は違法なので、止めて欲しいと申し立てたものです。

この申立に対して、9月4日全機工連代表者中道氏より、下記通りの内容証明書を頂きました。これは当社の申立通り、「違法な決議を行わない,各メーカー並びに卸業者に対して当社への違法な販売妨害行為の指示を行わない」との約束なので、これを尊重して当社としては訴訟手続上の目的は達成できたと考え、申立を取り下げる事にしました。

全機工連においては,「仮処分申立前から上記全国大会において,貴社が主張されているような決議案の上程をする予定は無く上記指示をする予定もありませんでした。」と述べておられますが、この点は、正確には、当社に対する対策を通常総会において話し合った上で, 弁護士より法律上の問題点の存在の指摘を受けて議案の上程並びに営業活動を制限することの指示をしないこととしたという経緯があったというのが 実態のようで訴訟上も自らこのように主張されておられます。

ただ,全機工連が組織として、今後,不法な行為には一切加担しないとの決意を文章で表明して頂けた事については大きな意義があると当社は考えておりますし,全機工連に対して感謝致します。

とはいっても当社はこれからもこれまで以上にお客様の為の利便性と低価格実現には力を入れていくので、同様の問題は起こり続けると覚悟しております。しかしながら当社は如何なる圧力に屈するつもりもなく、当社の販売価格を左右出来るのはお客様だけと云う約束を守り続けます。


(以下に,全日本機械工具商連合会からの内容証明文を掲載いたします。)

ご通知書
前略、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。

 さて、当会は、過日、貴社から東京地方裁判所に不公正な取引方法差止仮処分命令を申し立てられました。

 ところで、貴社は、上記事件において、当会が、平成14年10月25日開催予定の第36回全国大会において、同年6月11日開催の両毛機工会決議に沿った決議をしてはならない、及び当会が、作業工具等工場用副資材の製造又は販売業者に対し、以下の各指示をしてはならないとの決定を求められております。

貴社の再販売価格を拘束又は制限する申込みをする指示

貴社の競合者と比して不利な条件で貴社と取引きし、又は貴社と比して有利な条件で貴社の競合者と取引きする指示

貴社との取引を拒絶する指示

貴社と取引しないことを条件として、他の工場用副資材の製造又は販売業者と取引をする指示

 しかし、当会の答弁書及び私の陳述書にも記載してありますとおり、当会は、本件仮処分申立前から上記全国大会において、 貴社が主張されているような決議案の上程をする予定は無く、上記指示をする予定もありませんでした。

 もちろん、今後共、当会においてかかる決議案を上程いたしませんし、また、上記指示をすることもいたしません。以上ご通知いたします。

敬具
平成14年9月3日
東京都港区芝5丁目14番15号
全日本機械工具商連合会
代表者会長 中道真蔵