デジラチェ モンキタイプ KTC

5つ
2件
4つ
1件
3つ
1件
2つ
0件
1つ
0件
KTC

デジラチェ モンキタイプ

販売価格(税別): 25,900 / 税込28,490

平均満足度: (4件のレビュー)

口径部の口開き寸法が変ってもボルト・ナットの中心位置がほとんど変らない専用形状を採用、サイズが変わっても力点から回転軸までの距離がほとんど変らないため、より正確なトルク測定が可能です。また、レーザーマーキングによる目盛り表示など、使い勝手にも優れています。目標トルクを最大5件までメモリ可能、頻度の高い作業に最適。国際基準(ISO)の基準をクリアする本格派トルク計測機能。トルク単位換算機能付で旧車や外車の整備も安心。

商品レビューを投稿する

レビュー検索結果 4件中 1件から 4件までを表示

並び替え:
2017年10月29日 16:17 満足度: 不二エム・アンド・シー株式会社 様

用途:組立作業

今まではふつうのモンキーレンチを使っていましたが、握り部分が太くなり作業が楽になりました。また、トルク設定し作業しているので無駄な力を使わずに済んでいます。

これは注文コード 11049141 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2017年05月26日 22:08 満足度:

用途:バイク・車の整備

5件の値を記憶させておけます、感でナットを締めていた時より安心感が有ります、特にオイルのドレンボルトはアルミワッシャーを潰すほどの過剰なトルクで締め付けていたのを改善できたのが良かったです。欠点としては長年使ってきてグリップのプラスチックが粘ついて作業手袋に黒く粘着するようになりました、パーツクリーナーで拭き取ればきれいになりますがまた粘着くようになるので材質の問題なのか保管の仕方なのかわかりませんが気になるところです。

これは注文コード 11049141 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 3人
2016年07月24日 21:16 満足度:

用途:冷凍、空調機のフレアナット締め

モンキータイプなので、新冷媒に限らずR407Cなどの旧冷媒のフレア締め。各サービスバルブのキャップにもコレ一本で対応してくれる優れもの。
また首が折れるタイプとは異なるので、締まった感触を確かめつつのトルク加減の確認が出来る。
メモリー機能で頻度の高い値はセット出来、ボタン操作に慣れれば、その煩わしさもそれほど気にならない。
しかし、スパナタイプのトルクレンチ同様に、締められる方向がジョーに向かう一方向のみなので、冷媒管の状況次第では差し込み難い。若しくは、全く差し込めないという事態に落ち入る。
私の場合。その様な時には、フレアナットの面角度がデジラチェで噛める角度になる様所まで、ノーマルなフレアレンチで調整する。などして対応しているが、その様な状況下では、12角の接触面を持つラチェットタイプのトルクレンチの方が扱い易いのは確かである。
またデジタル機器なので、保管や運搬時を含めた取り扱いにも、他のタイプの製品以上の注意が必要となる。
私の場合、単機能の専用品を多数揃えメンテナンスするより、予算的に安上がりなのでこの製品を選んだ。

これは注文コード 11049141 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 2人
2015年08月11日 17:07 満足度:

用途:エアコンの配管作業

今まで、感で締めてましたが、きっちりとしたトルク締めができます、とても使いやすいです。

これは注文コード 11049141 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 

戻る ページ: 1 次へ