ローレットの種類と特長 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > ローレット加工 > ローレットの種類と特長

ローレットの種類と特長

主に旋盤などに取り付け、アヤ目加工や平目加工を行うものです。

ローレット
特長
  • 切削タイプと転造タイプがあり、握りなどの回り止め加工に使用します。
  • (A)アヤ目で加工した後の状態です。左右各1個を付けて使うことで、このような菱形の目ができます。
  • (B)主に回り止めや、すべり止めなどの目的で製品や部品に施されている加工方法です。

切削ローレット

切削ローレット
特長
  • 被削材にローレット駒を押し付けて削り加工しますが、比較的負荷が少ないです。
  • 切り粉を出します。
  • 外径の盛り上がりが少ないです。

転造ローレット

転造ローレット
特長
  • 削らず押しつけて圧力をかけることで、比較的短時間で加工することができます。
  • 安価で部品点数が少ないです。

駒(アヤ目)

駒(アヤ目)
特長
  • 主に円周および軸方向に対しての回り止め、すべり止めに使用します。
  • アヤ目の駒は2つで1組です。
    (必ず2つ使わないとアヤ目になりません。)

駒(平目)

駒(平目)
特長
  • 主に円周方向に対しての回り止め、すべり止めに使用します。
  • 駒は1つで加工します。
確認箇所
  • ホルダの大きさ(mm)を確認してください。
  • ホルダに適合する駒を確認してください。
  • 駒のピッチを確認してください。

『ローレット加工』に関連するカテゴリ