木工用ドリルの特長と選定ポイント 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > 木工用 > 木工用ドリルの特長

木工用ドリルの特長

木材用穴あけ工具です。

木工用ドリル
特長
  • 先端に円錐状のねじ(先ねじ=誘導ねじ)を持っています。
    回転によりねじが進むことで錐を被削材に引き込んでいきます。そのため、錐を進めるための推力(押す力)を与える必要はありません。
  • 木工ドリルの特長は先ねじとケガキ刃にあり、回転により先ねじが進むことで錐を被削材に引き込んでいきます。
  • 木工ドリルは大工さん、電気屋さん、設備屋さんなどのプロの方をはじめ、DIY、日曜大工など様々なシーンで使用されています。
ドリル各部の名称と機能
ドリル各部の名称と機能
  • 先ねじ(誘導ねじ)
    回転によって、ドリルの本体を被削材の中に引き込んでいくため、推力(押す力)を与えなくてもスムーズな穴あけ作業が行えます。1回転で、ねじのピッチだけ切り込んで行きます。
  • ケガキ刃(爪)
    穴あけの際、ドリルの回転円周に沿って、被削材の繊維(木目)などをケガキながら進む刃(爪)です。爪高さは1/2ピッチ以上必要です。
  • スクイ刃
    ケガキした部分を削り取る主刃です。
  • ねじ丈・深さ
    切りくずをラセン(ねじれ溝)に沿って外へ排出する役目をします。
木工用ドリルと他のドリルとの違い
木工用ドリルと他のドリルとの違い
  1. 木工用ドリル
    先端に円錐状のねじ(先ねじ=誘導ねじ)を持っています。
  2. 鉄工ドリル
    先端に切れ刃を持っています。
  3. コンクリートドリル
    先端に切れ刃と超硬を持っています。
  • 穴径(ドリル径)、穴の深さ(ドリルの働き)を確認してください。
  • 使用機種(電気ドリル、インパクトドライバー、ボール盤)を確認してください。
  • 軸径を確認してください。
  • 被削材を確認してください。

『ドリル』に関連するカテゴリ

『木工用』に関連するカテゴリ