ミーリングチャックの特長と選定ポイント 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > ミーリングチャック > ミーリングチャックの特長

ミーリングチャックの特長

主としてはエンドミル加工用ですが、各種刃物をつかむことができ、重切削から軽切削まで幅広く対応できるツーリング工具です。

ミーリングチャック
特長
  • チャッキング部のクランプ力が強く、ボディー剛性があります。
  • 規格はφ20、φ32、φ42など刃物の規格により選べます。
  • おもに、溝加工や側面加工に使用します。
  • 機械主軸の規格を確認してください。
    ・マシニングセンター用:BTシャンク、HSKシャンク
    ・汎用機用:NTシャンク
  • 把握径・首下長を確認してください。
  • 刃物の種類を確認してください。(エンドミル、ドリルなど)
  • 加工条件を確認してください。(回転数など)
  • マシニングセンター用はプルボルト、汎用機用は引ねじを確認してください。
    ・インチ目…U5/8×11山、1インチ×8山
    ・ミリ目…M16、M24
    ※通常、指定の無い場合80%がインチ目となります。