パンクズ工具の通販モノタロウ > 芯だし・位置測定 > 基準位置測定ツールの種類と特長

基準位置測定ツールの種類と特長

基準位置測定ツール

マシニングセンターやNCフライスでの加工物の基準位置測定をします。

基準位置測定ツール
特長
  • (A)測定端子が加工物に接触した際、瞬時にランプの点灯やブザーが鳴ることで伝達します。
  • 全周数ヵ所(メーカーによる)で確認できる赤いランプが付いています。
  • (B)オーバーラン保護機構が付いています。
注意事項
切削油がかからないように使用してください。
オーバーラン保護機能は付いていますが過度なオーバーランは控えてください。
破損につながります。
作業の流れ
作業の流れ
  1. 加工をする位置を求めるための基準となる位置を決めます。
  2. 機械に記憶します。
  3. 測定した基準の位置に基づいて本番の切削加工をします。
基準位置測定ツール
確認
  • シャンク径はφ20mm、φ32mmが用意されており、機械側のツールサイズに応じて選んでください。
  • ランプ付きまたはブザー付かを確認してください。
  • 通電性のある材料(加工物)に使用できます。

芯出しバー

芯出しバー
特長
  • 工作機械のX・Y軸の原点位置を検出します。
確認
  • 先端径がφ4とφ10のどちらかを選んでください。
注意事項
切削油がかからないように使用してください。
許容回転数を厳守してください。

刃先位置測定ツール

刃先位置測定ツール
特長
  • 刃先位置の基準位置測定に使用します。