手動割出台(デバイダー)の特長と選定ポイント 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > 芯だし・位置測定 > 割出台の種類と特長

割出台の種類と特長

手動割出台(デバイダー)

ボール盤、フライス盤などで分割の加工に使用する装置です。

手動割出台(デバイダー)
  • 工作物の円周を任意の数に等分割するための装置です。
  • レバー:レバーでテーブルをまわします。セレクトピンを分割位置にセットしたところで、テーブルが止まります。
  • (A)ボール盤で被削材(ワーク)(例えば円盤など)に等分に穴をあけたり、フライス盤で円盤などに等分に溝を削るのに使用します。
  • (B)割出位置は、テーブル円周上のセレクトピンをドライバーで反転させます。

電動割出台

電動割出台

電動タイプです。

確認箇所
  • 被削材(ワーク)の大きさを確認してください。
  • スクロールチャックの大きさ(mm)を確認してください。
  • チャックの径に合った割出台を選んでください。
  • 割出数の確認と手動式か電動式かを確認してください。