パンクズ工具の通販モノタロウ > テストインジケータ > テストインジケータの種類と特長

テストインジケータの種類と特長

テストインジケータ(てこ式ダイヤルゲージ)

ダイヤルゲージでは測れない狭い場所などで使用する比較測定器です。

テストインジケータ(てこ式ダイヤルゲージ)
特長

狭い場所・深い場所の平行度や平面度を測定できます。

テストインジケータのタイプ
  • 縦形
  • 縦形
  • 目盛を正面に見て、測定子が前後に
    動くタイプです。
  • 横形
  • 横形
  • 目盛を正面に見て、測定子が左右に
    動くタイプです。
  • 垂直形
  • 垂直形
  • 目盛が上についているタイプです。
  • 傾斜形
  • 傾斜形
  • 目盛を読みやすくするために目盛面が
    傾斜しているタイプです。

テストインジケータは種類によって測定子の長さが異なります。
長さの違う測定子を使用すると、測定結果に誤差を生じますので、種類に応じた測定子を使用してください。

注意事項
注意事項
テストインジケータでは、測定子を測定面にあてる角度により誤差が発生します。
測定子を測定面にあてる時は図の角度θをできるだけ小さくするようにセットしてください。
  • 測定範囲(mm)を確認してください。
  • 最小表示(目量)(mm)・目盛仕様・精度を確認してください。
  • 測定子の長さ(mm)を用途に応じて選んでください。