パンクズ工具の通販モノタロウ > 非破壊検査機器 > ピンホール探知器の種類と用途

ピンホール探知器の種類と用途

絶縁物のピンホール(貫通孔)の検査を行う機器です。

ピンホール探知器
特長

プローブをかざすだけで、被膜を傷めることなくピンホール検査ができるので作業効率がよくなります。
ピンホール探知機

用途
  • 化学プラントの機械装置、タンク、パイプ、バルブなど耐薬品性を要求されるライニング膜に。
  • 上下水道・ガス・電力などの地中埋設管の塗覆層に。
  • 公害機器装置など特殊な汚染ガス、汚染液に対する耐食性塗装ライニングに。
  • 各種汚染因子にさらされやすい建造物、構築物、機械装置に対する防錆・防食塗装、ライニングに。
  • 船舶・船用機器、海岸・海中設備機器の防食塗装、ライニングに。
  • 精密機器、電気機器などの重要部分品の防食塗装、ライニングに。
  • ホーローバス、樹脂コーティングバス、温泉地の設備、機器の防食塗装ライニングに。
  • 塗りかえ費用のかさむ長大物の塗装、ライニングに。

※ライニング…腐食、摩擦などを防ぐために用途に適した材料を張り付けること。裏張りともいいます。

種類
  1. 高周波式
  2. 直流式
  3. パルス式(静電気蓄電しません)
  4. コンクリート専用
  5. 湿式(被膜を水で濡らして測定します)

ピンホール検査とは

ピンホール検査

絶縁性被膜にごく小さな穴(ピンホール)が開いていると電気を通してしまうので、穴が開いていないかどうか検査することです。

  • 検査物の厚みを確認してください。(1mm以上または1mm以下)
  • 電極ブラシ形状を確認してください。(平形または丸形)
  • 使用環境によって小型または標準型かを確認してください。
  • 検査物の材質・形状を確認してください。
  • 前提として、下地に鉄(金属物)が必要なので注意してください。