ルーペの種類と特長 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > ルーペ > ルーペの種類と特長

ルーペの種類と特長

手持ちルーペ(拡大鏡)

小さくて見えづらい物の検査・測定・作業に使用します。

手持ちルーペ(拡大鏡)
特長

工具の検査、精密部品の組み立て・検査に。
イメージイラスト

スタンドルーペ

スタンドルーペ
特長
  • 両手を使う作業、検査などに優れています。マグネットタイプは、スチール板などに固定して使用できるので大変便利です。
  • 照明付タイプもあります。

ライトルーペ

ライトルーペ
特長

照明装置付で、暗い場所での作業・検査に適しています。

カップルーペ

カップルーペ
特長
  • 肉眼では見えにくい物の精密検査・測定に使用します。
  • 目盛が付いていて、細かい寸法が計れます。

ヘッドルーペ

ヘッドルーペ
特長

両手が自由に使えますので、趣味から検査など、
様々な用途で使えます。

  • 倍率の目安
  • 1.5倍…読書
  • 2.5倍…細かい組み立て
  • 3.0倍…検査
  • 作業目的に合った倍率および作業距離(mm)を選んでください。
  • 用途に合わせてタイプを選んでください
  • レンズ大きさ(直径mm)を確認してください。
  • レンズの倍率を確認してください。