パンクズ工具の通販モノタロウ > 製図機器 > 透写台の特長とサイズ

透写台の特長とサイズ

透写台

ガラステーブルの内側からライトを照らし、図面や部品などを透写します。

透写台
特長
  • テーブルを均一に明るく照らします。
  • 図面をトレースしたり、コンピュータ基板や部品を
    下からライトを当てることで欠損部を探し出します。
  • LEDタイプと蛍光灯タイプがあります。
    イメージイラスト
卓上型・携帯型・脚付型
  1. 卓上型:A2サイズ〜A1サイズがあります。
  2. 携帯型:A4〜A3サイズが目安です。
  3. 脚付型:A2サイズ〜A0サイズまで様々です。

透写台の寸法と原稿サイズ

透写原稿のサイズ透写台のタイプ透写面積
A4(ヨコ297mm×タテ210mm)携帯型ヨコ420mm×タテ300mm
B4(ヨコ364mm×タテ257mm)
A3(ヨコ420mm×タテ297mm)
B3(ヨコ514mm×タテ364mm)卓上型・脚付型ヨコ600mm×タテ420mm
A2(ヨコ594mm×タテ420mm)
A1(ヨコ841mm×タテ594mm)ヨコ900mm×タテ600mm
A0(ヨコ1189mm×タテ841mm)脚付型ヨコ1190mm×タテ890mm

※各メーカー毎に透写面積は異なります。

注意事項
長く使用するためには、表面に強い衝撃を与えないで丁寧に扱ってください。
湿気なども嫌いますので湿度の高いところは避けてください。

A4判からA0判まで幅広いサイズがあるので、用途に応じてサイズを選んでください。