卓上ボール盤の種類と特長 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > 卓上ボール盤 > 卓上ボール盤の種類と特長

卓上ボール盤の種類と特長

各種材料の穴あけを行う機械です。

卓上ボール盤

タッピング兼用ボール盤

タッピング兼用ボール盤
  1. 穴あけとねじ立ての作業は、スイッチの切替で行います。ねじ立てを行う際、主軸が正逆転する仕組みになっています。
  2. ねじ立て作業の他に穴あけ作業も行えます。
確認

3. ねじ立て能力(mm)の確認をしてください。(何mmのねじ径のねじ立てができるか)
タッピング兼用ボール盤

確認箇所
  • 穴あけ能力(mm)を確認してください。(何mmの穴があけられるか)
  • 主軸テーパーの種類を確認してください。
    例)・JT No.6(ジャコブステーパー6番)
          ・MT No.2(モールステーパー2番)など
  • 主軸回転数(回/min)を確認してください。
  • 加工物がボール盤の加工可能サイズかを確認してください。