プラスチック溶接機の種類と用途 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > 溶接機・切断機 > プラスチック溶接機の種類と用途

プラスチック溶接機の種類と用途

プラスチック溶接機

プラスチックを溶接する機械です。

プラスチック溶接機
特長
  • 電熱ヒーターとファンで発生させた熱風で、プラスチック母材と溶接棒の表面を溶かし、圧着する事で溶接します。
  • 熱可塑性樹脂の溶接に使用できます。
    PVC(塩ビ)、PP、PEなどのパイプや板材の溶接で溶接棒を
    使用した作業に適しております。
  • 二重絶縁仕様ですので、アース線の配線は不要です。
  • CE規格品です。
溶接棒の種類(断面図)
溶接棒の種類(断面図)
溶接棒それぞれの用途
溶接棒それぞれの用途
注意事項送風機の高性能を維持するため、吸気部に溜まったホコリなどは定期的に除去してください。
  • 電圧(V)、出力(L/min)、温度(℃)を確認してください。
  • 母材と同じ樹脂の溶接棒を選んでください。
  • 溶接棒の形状(シングル棒・ダブル棒・トリプル棒)を確認し、用途に合ったノズルを選んでください。
主な溶接加工可能樹脂

PVC:塩化ビニール  PP:ポリプロピレン  PE:ポリエチレン  PVDF:ポリフッ化ビニリデン
PTEE:ポチテトラフルオロエチレン(=デュポン社商標:テフロン)  PC:ポリカーボネイト  PS:ポリスチレン
ABS:アクリロニトリル  ブタジエンスチレン共重合体