リニアブッシュの特長と分類

リニアブッシュ

円筒軸のシャフトと合わせて使用する直線運動機構です。

リニアブッシュ
特長
  • 負荷ボールとシャフトは点接触のため許容荷重は小さいですが、最小の摩擦抵抗で直線運動をし、高精度で軽快な運動が
    得られます。
  • OA機器や周辺機器、各種測定器・自動記録装置・デジタル式
    三次元計測器などの精密機器や多軸ボール盤、パンチング
    プレス、工具研削盤、自動ガラス切断機、印刷機械、カード
    選別機、食品包装機械などの産業機械のスライド部など広範囲で使用されています。
リニアブッシュの分類
フランジなし標準形開放形ロングタイプすき間調整形
標準形 開放形 ロングタイプ すき間調整形
フランジ付丸フランジ型角フランジ型小判フランジ形・二面取りフランジ
丸フランジ型 角フランジ型 小判フランジ形・二面取りフランジ
ケース付ケースユニットケースユニットロングタイプ
ケースユニット ケースユニットロングタイプ

精密機械装置などに使用する場合は、選定が難しいため、メーカーに技術計算をしてもらい選定することをおすすめします。


『リニアシャフト、リニアブッシュ、リニアパック』に関連するカテゴリ