マシンキー(スッピル)の特長と使用方法 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > マシンキー・キー材 > マシンキー(スッピル)の特長と使用方法

マシンキー(スッピル)の特長と使用方法

モーターなどのシャフトに歯車やプーリを取り付ける際にシャフトの回転を伝える部品です。

マシンキー(スッピル)
特長
  • シャフトの回転力を確実にギアなどに伝えるために用います。モーター、減速機、ポンプ、エンジンなど、回転体のある機械の多くに使用され、寸法精度はJISによって決められています。
  • マシンキー:『キー』、『スッピル』ともいわれます。
使用方法
使用方法

シャフトにマシンキーをはめるために「キー溝」という溝があります。この「キー溝」の位置によって使用されるマシンキーの形状が異なります。

注意事項
注意事項
「キー溝」とマシンキーとの間にすき間(クリアランス)が大きすぎると「ガタ」が生じ故障の原因となります。
しかし適度なクリアランスがないとマシンキーを「キー溝」に入れることはできないので、マシンキーの使用にあたっては、
加工精度を考慮した精密な加工が必要となります。
  • 形状(両丸、片丸、両角)を確認してください。
  • 幅×高さ×長さ(mm)を確認してください。
  • 材質を確認してください。(スチール製、ステンレス製などがあります。)
    表記寸法例
    形状幅×高さ×長さ材質
    両丸5×5×25S50C
    片丸10×8×45SUS316

    一般的な材質:鉄系  S50C    ステンレス系  SUS316
    JISで決められた幅と高さの関係(一部)
    幅×高さ幅×高さ幅×高さ
    2×27×716×10
    3×38×718×11
    4×410×820×12
    5×512×822×14
    6×614×925×14