パンクズ工具の通販モノタロウ > バネ > 金型用ばねの特長

金型用ばねの特長

プレス金型に用いるコイルバネです。

金型用ばね
特長

自動車・電機・他各種プレス部品を製作するために、プレス金型(総抜き型・穴抜き型・曲げ型他)を製作しますが、その金型の構成部品の一つとして使用されています。
各工業会規格に基づいて厳重な品質管理下で製作されており、高応力、高速振動、耐熱性に優れた効果を発揮し金型の小型化、長寿命化に役立ちます。

金型用ばね
荷重別スプリング種類

スプリングには、軽少荷重(F)、軽荷重(L)、中荷重(M)、重荷重(H)、極重荷重(B)の5種類があります。

セット状態
セット状態

スプリングをセットする時は少しでも押している状態(初期圧がある状態)でセットすることをおすすめします。

ばねの使用回数と圧縮比の関係
種類使用回数
100万回50万回30万回
軽少荷重F自由長の40.0%自由長の45.0%自由長の50.0%
軽荷重L自由長の32.0%自由長の36.0%自由長の40.0%
中荷重M自由長の25.6%自由長の28.8%自由長の32.0%
重荷重H自由長の19.2%自由長の21.6%自由長の24.0%
極重荷重B自由長の16.0%自由長の18.0%自由長の20.0%
  • スプリングの選び方は、
    @使用荷重(N)(kgf)  ※1kgf=9.8N
    Aばね外径(mm)×自由長(mm)
    B使用回数(○万回)
    Cたわみ量(mm)
    の4点で決めてください。
  • 30万回を超えるたわみで使用すると破損の原因になります。