アンカーの種類と特長 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > アンカーボルト > アンカーの種類と特長

アンカーの種類と特長

コンクリートに何かを取り付ける(または固定する)ときに用いるコンクリート用のねじや釘のようなものです。

>アンカー
特長
  • 物と物を留めたり接続するものをファスナー材といい、その中で物を留めるためにコンクリートに打設するものをアンカーと呼び、さらにコンクリートが固まった後ドリリング(穴あけ)をして打設するものを「あと施工アンカー」と呼びます。
  • アンカーの施工方法は、打込み式・締付け式・ねじ固定式などがあります。
あと施工アンカーの種類
あと施工アンカーの種類
  • 金属系アンカー
    母材にあらかじめ穿孔した孔の中で、その拡張部が開き、孔壁に機械的に固着するものをいいます。
  • 接着系アンカー
    母材にあらかじめ穿孔した孔に充てんした接着剤(カプセル式または注入式)が化学反応により硬化し、固着するものをいいます。
  • その他のアンカー類
    上記以外のアンカーをいいます。材質(金属、プラスチックなど)および施工方式(打込み式、ねじ込み式など)とも色々あります。
商品分類施工方式形状
金属系アンカー打込み式芯棒打込み式芯棒打込み式
内部コーン打込み式内部コーン打込み式
本体打込み式本体打込み式
スリーブ打込み式スリーブ打込み式
締付け式コーンナット式コーンナット式
テーパーボルト式 テーパーボルト式
ダブルコーン式ダブルコーン式
ウエッジ式ウエッジ式
接着系アンカーカプセル式回転・打撃型回転・打撃型
打込み型打込み型
注入式現場調合型現場調合型
カートリッジ型カートリッジ型
その他アンカー類・プラグレスアンカー ・中空壁用アンカー ・ALC用アンカー ・プラグボルト ・石こうボード用アンカー ・ナイロンプラグ
施工方式例

金属系アンカー(芯棒打込み式)

金属系アンカー(芯棒打込み式)<
  1. アンカーを挿入し、芯棒が本体の頂部に接するまで、ハンマーで打ち込む。
  2. スパナ類を用いて、ナットの締め付け具合いを確認する。

金属系アンカー(内部コーン打込み式)

金属系アンカー(内部コーン打込み式)
  1. アンカーを軽く叩いて挿入し、専用ハンドホルダを使用して、段部がアンカーの頂部に達するまで打ち込む。
  2. スパナ類を用いて、機材などを取り付け施工完了。

接着系アンカー

接着系アンカー
  1. 穿孔:所定の径・深さで穿孔。
  2. 清掃:プロワ・ブラシなどで孔内の切り粉を除去。(繰り返し)
  3. マーキング・挿入:孔底までボルトを入れマーキングを行った後、アンカーを挿入。
  4. かくはん:回転・打撃を与えながらボルトを打ち込む。ボルトが孔底に達したら、ただちに打ち込みをやめる。
  5. 養生・硬化:養生硬化し、施工完了。
  • 材質を確認してください。(ステンレス、スチールなど)
  • ねじの呼び径(ミリまたはインチ)を確認してください。
  • 全長(mm)を確認してください。