パンクズ工具の通販モノタロウ > 2液混合 > 接着剤2液タイプの特長

接着剤2液タイプの特長

接着剤2液タイプ

2種類の液剤(主剤・硬化剤)を混合して使用する接着剤です。

接着剤2液タイプ・ガンタイプ

ガンタイプ

特長
  • 水分や溶剤の蒸発で接着力を発揮する1液タイプの接着剤が不向きな場面での使用に
    適しています。
    (例えば、面接着する際に、外気と触れない中心部まで化学反応で硬化します。)
  • 金属、ガラス、陶磁器、電子部品など主に硬い物の接着に使用されます。
  • 主成分はコンクリートなどの石材に適したエポキシ系や、金属系に適したアクリル系
    です。
  • 硬化剤はポリアミド樹脂やポリチオール樹脂などが主に使用されています。
  • 液の混合が容易なガンタイプもあります。

名称の由来

接着剤の名称は、「接合材」・「強力ノリ」などの呼称で呼ばれていたものに対して、薬局で売りやすいように「材」でなく「剤」の文字を使うようになったとされています。

注意事項
皮膚に触れないように注意し、換気と火気に充分に注意してください。メガネ、マスク、手袋、保護クリームなどの保護具を使用してください。
  • 接着する物の材質を確認してください。
  • 硬化時間を確認してください。
  • 用途に合わせて色・容量を選んでください。
  • 混合比を確認してください。