ラチェットドライバーの種類と特長 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > ラチェットドライバー > ラチェットドライバーの種類と特長

ラチェットドライバーの種類と特長

手首の反復動作でねじの締め緩めが行えるドライバーです。

ラチェットドライバー
特長
  • ハンドル部分とドライバーの先が独立して動くので、ハンドルを持ち替えずに、手首の反復動作でねじの締め緩めが行えます。
  • ハンドルにはT型ハンドルやスタビータイプなどもあります。
    使用例
T型ハンドルタイプ

T型ハンドルタイプ
強いトルクでの締め付けが可能です。

スタビータイプ

スタビータイプ
狭い箇所での作業に便利です。

刃先の種類
刃先の種類

刃先は、十字(プラス)や一文字(マイナス)などがあります。ねじがプラスねじの場合、「プラスドライバー」を使います。一文字に溝の切ってあるねじが「マイナスねじ」で、そのねじを回すドライバーを「マイナスドライバー」と呼びます。

確認箇所
  • 全長(mm)、軸長(mm)を確認してください。
  • 刃先のマグネットの有無を確認してください。
  • ねじ頭の形状・サイズに合った刃先を選んでください。