ナットランナの特長と締め付け種類 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > 締付・穴あけ > ナットランナの特長と締め付け種類

ナットランナの特長と締め付け種類

建設現場などで構造物の強度を確保するために、高い精度でボルト・ナットを締め付ける工具です。

ナットランナ
特長
  • 橋梁や高層ビルなどの建築における、「鉄骨部材の組み付け」のための高力ボルト締め付けに使われています。特に構造物の強度を確保するために、「ボルトの締め付け精度」や「締め付けの信頼性」が必要で、その度にナットランナは不可欠な工具です。
  • ナットランナは締め付け条件を設定(キャリブレーション=校正)できるため、ばらつきが少なく高い締め付け精度が得られます。
  • ナットランナは油圧トルクレンチとは違い、作業開始からナットまたはボルトの締め付けが完了するまで、止まることなく作業を行うので、短時間でボルト締め作業を完了させることができます。
  • クレーンや建設機械の組み立て、鉄塔のボルト締結などに使用されます。
    使用例

締め付けの種類

ナットランナでの締め付けには、「トルク法」と「回転角法」の2通りがあります。

トルク法

ナットを締め付けるトルクを設定して、締め付けを行う方法です。
精度を上げた締め付けを行うためには、現場でのキャリブレーション(0点調整)が不可欠になります。

回転角法

予備締め(ボルト、ナット、挟まれ母材間で遊びのない状態)後、ナットを一定角回転させる方法です。
トルク法より、軸力を一定にすることができます。
※軸力:ナットとボルトの間で押さえ付けている力です。

  • 使用するボルト・ナットを確認してください。
  • 必要なトルク範囲(N・m)を確認してください。

『締付・穴あけ』に関連するカテゴリ