ドリルドライバーの種類と特長 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > 締付・穴あけ > ドリルドライバーの種類と特長

ドリルドライバーの種類と特長

穴あけと小ビスのねじ締めが兼用できる充電工具です。

ドリルドライバー
特長
  • 繊細なねじ締めと下穴など簡単な穴あけ作業に最適です。(ビットを取り替えることで対応できます。)
  • 手回しドライバーに比べると、天と地ほどの効率を実現します。また、締め付けトルクを調節できるので、小ねじを締めすぎてねじ切ってしまうこともありません。
  • ドリルビットに付け替えることで、ねじ止め前の下穴あけにも使えます。
  • 長ビス(コーススレッド)の締め付けにはパワーが足りないので不向きです。また、大径の穴を開けるのにも不向きです。
  • <クラッチタイプ>
    ・軽作業用ねじ締めなどに使用します。
    ・取り回しが簡単、軽量、コンパクトです。
    使用例
全体図
全体図

先端のチャックに用途に応じてドリルやドライバー形状のビットを取り付けます。スイッチの引き金を引くと、引き加減に応じてビットが回転します。

ビットの装着(キーレスチャックの場合)
ビットの装着(キーレスチャックの場合)

スリーブを回すとそれに応じて先端のツメが開閉します。ビットが間に入るまでツメを広げ、ビットを差し込むと固く締め付けます。

  • トルク(N・m)(穴あけ能力、ねじ締め能力)を確認してください。
    ・20N・mが平均的です。それより値が小さいと頻繁な使用には不向きです。
  • バッテリーの使用時間を確認し、バッテリーを追加する必要があるかどうかを確認してください。
  • 速度切替・電子制御・ライト付などが必要かどうかを確認してください。
    ・電子制御…負荷がかかっても、回転数の低下が少なく能率良く作業ができる機能です。
    ・ライト付…回転と同時に刃先にLEDなどの照明が当たります。
  • 長時間や締め付け本数が多い場合は、コードの付いたAC100Vタイプを使用してください。