パンクズ工具の通販モノタロウ > ディスクグラインダー > 黒皮取り機の種類と特長

黒皮取り機の種類と特長

黒皮取り機(全面擦り型)

H形鋼や平板の黒皮(酸化皮膜)を取る電動工具です。

黒皮取り機(全面擦り型)
特長
  • 砥石に比べ、特殊刃物により黒皮を効果的に研削します。
  • 振動吸収機構のあるものは歪んだ面もきれいに擦れ、作業者への負担を最小限に留めます。
  • @全面を削ります。
  • A鉄骨を組み立てる前工程として、表面の黒皮(サビ止め)を取ります。
    使用例

黒皮取り機(めがね擦り型)

黒皮取り機(めがね擦り型)
  • ボルト穴のまわりだけを削ります。
    使用例

黒皮を削る理由

鉄骨を組み立てる前工程として黒皮を削り、鉄骨同士の接触部分の摩擦係数を高めるためサビが発生するまで放置します。サビが発生すれば、組み立て作業に入ります。これは、サビ部分のざらざらを利用して、ズレにくくし、耐震強度を上げるためです。また、黒皮が残っていると溶接作業も難しくなるので、黒皮を削ると溶接作業もしやすくなります。

全面擦り用か、メガネ擦り用かを選んでください。