パンクズ工具の通販モノタロウ > チューブベンダー/パイプベンダー > 油圧パイプベンダーの特長と使い方

油圧パイプベンダーの特長と使い方

ガス管や電線管などのパイプを曲げるための装置です。

油圧パイプベンダー
特長

ガス管、電線管の曲げ加工を行います。基本は90°曲げまでですが、途中で停止させれば、60°、30°曲げに使用することもできます。
使用例

パイプを曲げる方法
  • 型押し
  • パイプの中央部を型に合わせパイプを押します。
  • ガス管でパイプ径の2.5〜7倍(パイプ径による)程度のR曲げになります。
  • 3本ロールによる成形
  • パイプ径の10倍以上のR曲げになります。

  • ドローベンド方式
  • パイプの一端を型に固定し、型を回転させます。
  • アルミやステンレスの薄肉パイプを小さいRで曲げられます。
  • 型押し、ドローベンド方式
確認箇所
  • 曲げるパイプの種類、サイズ(mm)を確認してください。
  • パイプの径(mm)によって、ベンダーシュー(センターフォーマー)を取り替えてください。
  • 用途に合わせて、手動ポンプ式か電動ポンプ式かを確認してください。