切断砥石の種類と特長 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > 切断砥石 > 切断砥石の種類と特長

切断砥石の種類と特長

切断砥石

高速切断機に取り付け、鋼材、鋳鉄、ステンレス鋼の切断を行う工具です。

切断砥石

型番の見方

特長

砥石は主に砥粒、結合剤、気孔の3つの要素で作られています。使用中に刃先の減った砥粒は、絶えず新しい刃を出していきます。次々と新しい砥粒が出て、切れ味を継続させます。(自生作用と言います)

イメージイラスト
  • 砥粒:加工物(工作物)を削る刃物に相当。
  • 結合剤:砥粒を保持するボンドに相当。
  • 気孔:切りくずを取り除くためのすき間に相当。
注意事項
製造ロットにより色合いに多少の差異があります。
砥石の種類
●人造研削材の種類・区分
A(褐色アルミナ研削材)一般鋼材・鋳鉄・ステンレス鋼・炭素鋼などの金属
WA(白色アルミナ研削材)
AZ(アルミナジルコニア研削材)
C(黒色炭化けい素研削材)耐火物・石材などの非金属
GC(緑色炭化けい素研削材)

●粒度

●粒度

粗目になるほど研削速度は速く、砥石消耗度は少ない
傾向があります。
細目になるほど切断面はきれいで、バリが少ない
傾向があります。

●硬度

●硬度

アルファベットがZに近づくほど砥石は硬くなります。
硬すぎると目つぶれ・目詰まりになる傾向が高くなります。

  • 砥石の条件を確認してください。(硬めか軟らかめか)
  • 切断材料の材質を確認してください。
  • 切断材料の形状を確認してください。
  • モーター馬力(kW)を確認してください。
  • 砥石回転速度(rpm)を確認してください。

『切断砥石』に関連するカテゴリ