パンクズ工具の通販モノタロウ > ダイヤモンドバー > ダイヤモンドバー・インターナルバーの特長

ダイヤモンドバー・インターナルバーの特長

ダイヤモンドバー

切れ味の優しいダイヤモンドバーは、バリ取りや仕上げ加工におすすめです。

ダイヤモンドバー
特長
  • ステンレス材または、スチール材にダイヤモンド砥粒を電着させています。
  • ダイヤモンドは、最も硬い砥粒ですので通常砥粒では加工しにくい高硬度材加工に向いています。
  • 一方で、硬いがもろく、熱に弱く、鉄と化学反応しやすい性質がありますので、乾式研削や重切削、炭素鋼などには向きません。
用途
  • 超硬合金、セラミックス、ガラス、フェライト、グラファイト、チタン、焼入鋼、窒化ケイ素、ジルコニア、コンクリート、陶磁器、石材などの精密研削や溶接部の仕上げに使用します。
  • 金型などの加工物の精密研削に使用します。精密マイクログラインダー(マイクログラインダー)に取り付けて使用します。

CBNバー

特長
  • ステンレス軸にCBN(ボラゾン)砥粒を電着させていますので、サビに強く、研削性に優れています。
  • ステンレス、炭素鋼、鋳鉄など鉄系材料に向いています。焼入鋼にも使えます。

インターナルバー

内径の仕上げ加工向きです。ストレート形状なのでバリ取りにもおすすめです。

インターナルバー
特長
  • 内径(内面)を加工しやすいよう、電着径より首下径が若干細くなっており、ワークへの干渉がないようにしてあります。
  • ステンレス軸にダイヤモンド砥粒またはCBN(ボラゾン)砥粒を電着させていますので、サビに強く、研削性に優れています。

ハイエンドブラックバー

特長
  • 小径インターナルバーと比べて、折損に対して強い特殊高硬度処理を施しています。
  • ダイヤモンド砥粒とCBN(ボラゾン)砥粒を選ぶことができます。

ボラゾン(CBN)とダイヤモンドの使い分け

ボラゾン(CBN)
  • 耐熱性が高い(1400℃)ため特に硬い鋼の研削に向いています。
  • 鋼中に含まれる炭素元素との拡散がなく、砥粒が劣化しません。
  • 適合被削材:
    炭素鋼・合金工具鋼・高速度工具鋼・軸受鋼・肌焼鋼・焼入鋼
ダイヤモンド
  • ボラゾン(CBN)に比べ耐熱性が低く(700〜800℃)特に硬い鋼などを研削すると、磨耗速度が早くなり、あまり適していません。
  • 適合被削材:
    超硬合金・ガラス・セラミック・ゴム・プラスチック・石材・コンクリート・フェライト

刃径・刃長・軸径(mm)などのサイズを確認してください。用途に合わせて形状を選んでください。