パンクズ工具の通販モノタロウ > 角度計/水平器、水準器/測量 > 墨壺・チョークリール・水糸の特長

墨壺・チョークリール・水糸の特長

墨つぼ

建築現場で墨汁を染み込ませた糸で水平・垂直の基準線を引く道具です。

墨つぼ
特長
  • 材料の表面に多少の凹凸があっても、簡単に正確な直線を引くことができます。
  • 本体を持っている手でハンドルを押さえて糸を張ってください
    墨つぼ
手動巻取式
確認
  • 自動巻取りの糸の長さ(m)を確認してください。
  • 大きさ(mm)を確認してください。
  • 自動巻か手巻かを確認してください。
注意事項
図
  • ・カルコとは墨つぼとセットで使用し、カルコに結んだ糸を墨つぼから延ばして、カルコを始点に打ち付け基準線をつけるのに使います。
    つぼ糸張り時にカルコが抜けた場合、カルコが飛来して怪我をする場合があるので注意してください。
  • ・墨汁の入れ過ぎは、墨漏れの原因となります。

チョークリール

チョークリール
使用例
特長
  • 施工後に線を消したい場合や、墨が打てない所で使用します。
確認
  • 粉チョークの容量(g)を確認してください。
  • 糸の長さ(m)を確認してください。
  • 自動巻か手巻かを確認してください。
  • 大きさを確認してください。

水糸

水糸
使用例
特長
  • 水糸とは基礎工事、土木工事、測量作業などに使われる測量用の糸です。糸を水平に張って寸法を割り出すアナログ的な測量法です。
  • コンパクトで扱いやすいです。
  • 様々な作業シーンに対応します。
  • 水糸の両端を水平に張って保持し、一般基礎工事、ブロック、タイル工事などをします。
    α=α´:水平を保って、一段できたらまた一段とブロックを積んでいきます。
    図
確認
  • 線径(mm)、色を確認してください。