パンクズ工具の通販モノタロウ > 刷毛(ハケ) > 刷毛の特長と用途

刷毛の特長と用途

塗料・ニスなどを塗る道具です。

刷毛
特長
  • 刷毛は、他の塗料道具に比べ手軽に扱いやすいです。
  • 塗料を厚くも薄くも自由に塗ることができます。また仕上がりの良さは一番です。
毛材別の特長
毛材対アルカリ性対酸性
獣毛(山羊・馬・豚毛など)強い弱い
PP(ポリプロピレン)強い強い
PBT(ポリブチレンテレフタレート)
PET(ポリエチレンテレフタレート)
弱い強い
ナイロン強い弱い
毛材の選定について
山羊毛刷毛材料の中では比較的多く使用されています。毛が軟らかいので刷毛目が残りにくい、塗料含みが良いなどの特長があり、主にラックニス、合成樹脂塗料を塗る刷毛に多く使用されています。
馬毛毛質が適度に硬く塗料の含みが良いので、粘り気のあるペイント用・トタン用・油ワニスを塗る刷毛に多く使用されています。
豚毛毛質が太く、腰が非常に強いわりに毛先は軟らかいのが特長です。粘り気の強い塗料、エポキシ・接着剤の塗布・ダスター刷毛に多く使用されています。
化学繊維PP(ポリプロピレン)、PBT(ポリブチレンテレフタレート)、ナイロンが主流で水性塗料を塗る刷毛に多く使用されています。化学繊維の毛表面が、水性塗料を固着しにくいためです。
混毛毛を混ぜることにより、それぞれの特長を生かして毛腰の調整や塗料含みを調節し、より使いやすい商品に仕上げたものです。
用途
使用例

水性用
塗料離れのよい化繊を主流とした刷毛です。乾燥が早い水性塗料も塗装しやすい刷毛です。

油性用
腰の強い馬毛などが主流で油性塗料をよく含み、よく伸びて塗装しやすい刷毛です。

ニス用
毛先の細かい毛材を使用し、刷毛目を残りにくくしてあります。滑らかで塗装しやすい刷毛です。

刷毛の使用方法

  • 新しい刷毛を使用する前に手でよくもみほぐし、浮き毛(抜け毛)を取り除いてください。
  • 塗料は、毛先から2/3くらいの所まで含ませて使用すると塗りやすいです。
  • 有機溶剤に浸けたままにすると、根元の接着剤が溶けて毛が抜けてしまいます。
  • 回りを傷つけずに細かいホコリ・ゴミを取り除く使い方もあります。
確認箇所
  • 塗料と塗装する場所により刷毛の毛材や形状・種類を選んでください。
  • 毛丈(mm)、毛幅(mm)を確認してください。
  • ハンドルの材質、全長(mm)を確認してください。