パンクズ工具の通販モノタロウ > ガス溶断用品 > ガス溶断用品の種類と特長

ガス溶断用品の種類と特長

ガス切断器

酸素ガスと燃焼ガスを使用して鉄材を切断する器具です。

ガス切断器
火口番号の種類

火口には切断する材料の厚みによって1~3の火口番号の種類があります。

特長
  • 酸素ガスと燃焼ガス(アセチレン)を混合し点火すると高温の火炎が得られます。
  • その火炎を利用して溶断が行われます。
  • ガス切断器には中型・大型A号などの種類があります。切断能力により区別して下さい。

切断器の仕上げカラーについて

切断器には仕上げカラーが2種類あります。
<東日本地域>:表面メッキ仕上げ        <西日本地域>:表面が焼付塗装仕上げ
※機能・能力はどちらも同じです。

  • 使用するガス(アセチレンなど)を確認してください。
  • 関東式・関西式を選んでください。(区別のないタイプもあります。)

ガス溶接器

酸素・アセチレンガス用溶接器で、鉄材の溶接、ロウ付け作業をするための器具です。

ガス溶接器
特長
  • 酸素・アセチレンガス用溶接器で、鉄材の溶接、ロウ付け作業
    などに最適です。
  • 用途に合わせて、小型、中型の
    タイプがあります。
    小型:溶接能力0.5~2.5mm
    中型:溶接能力2.0~6.0mm
  • 溶接する鉄材の厚み(mm)などを確認して、溶接器と火口を選んでください。
  • 使用するガス(アセチレンなど)を確認してください。
  • 関東式・関西式を選んでください。(区別のないタイプもあります。)