枠組足場の特長 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > 足場板 > 枠組足場の特長

枠組足場の特長

枠組足場

建枠・足場板・筋交の組み合わせによって様々な高さ、用途に対応する足場です。

枠組足場
特長

筋交はそれぞれの枠と足場板に対応する約20種が存在します。

通常、建枠の最下段にはジャッキベースを挿入し、足元の微調整を行うことが可能です。

足場板の基本形は奥行500mm(ハーフは240mm)×幅1829mmですが、これも調整用に幅610mm・幅914mm・幅1219mm・幅1524mmと種類があります。

基本形は建枠・足場板・筋交・ジャッキベースの4点ですが、他に階段枠手すり類など、数多くの部材の組合わせにより仮設でありながら、安全性・利便性の高い足場を作ることができます。

基本的な建枠について

  • 幅は610mm・914mm・1219mmの3種で、高さは1700mmです。
  • 調整枠として高さが490mm・914mm・1219mm・1524mmがあります。
    (幅は610mm・914mm・1219mm)
  • 寸法はインチサイズ・メーターサイズに分かれ、若干の寸法差ですが、互換性がないため、追加購入の際は注意してください。
  • 建枠で20種、足場板で10種程の種類の中から組合わせができるため、様々な高さに対応が可能です。
  • インチサイズかメーターサイズかを確認してください。
  • サイズ(高さ、幅)を確認してください。
  • 階段枠や手すり幅木、下さんが必要かを確認してください。

補足
設置の際、基本的に工具は必要ありません。ただし、部材によりラチェットなどを使うこともよくあります。