パンクズ工具の通販モノタロウ > チェア > 導電作業チェアの特長と選定ポイント

導電作業チェアの特長と選定ポイント

静電気の帯電を抑える椅子です。

ボックス画像
特長
  • 着衣の人体が電気を帯電した場合、その電位は数万ボルトになることがあり、製品の品質に大きな影響をおよぼす可能性があります。
  • 導電チェアは帯電した電気を床面に流し、製品への静電気被害を防止します。
  • 精密機械、精密部品などを生産する工場で、静電気障害によって品質に影響を与えるのを回避する場合に使用します。
  • 人体への帯電が極めて微量なチェアです。
    使用例

導電性オフィスチェア

導電性オフィスチェア
特長
  • 作業者のアース経路を確保することができる導電レザーや導電性キャスターを使用しているため、発生した静電気の人体への帯電が極めて微量になります。
注意事項導電性の低い床面では導電チェアの性能を発揮できない場合があります。導電マットの上など、導電性に優れた場所で使用してください。
表面抵抗値
  • 表面抵抗値(Ω)を確認してください。
  • 一般的に電気抵抗値が小さいほど電気は導電しやすくなり、静電気も発生しにくくなります。
  • 用途に合ったタイプと作業に合わせた座高(mm)を確認してください。