パンクズ工具の通販モノタロウ > 安全帯 > 安全帯の種類と特長

安全帯の種類と特長

安全帯

2m以上の高所作業を行う場合に作業者が墜落するのを防止するためのものです。

安全帯
特長

安全帯は着用者の墜落を防止するのに必要な強度を有しており、人体には8kN(約800kg)以下の衝撃になるように作られています。また落下時に、人体に加わる衝撃を軽減する性能をもっているものもあります。

注意事項
装備体重が100kg(作業服を着用し、工具などを持った状態)を超える方は通常の安全帯を使用できません。
100kg以上対応の安全帯を使用してください。

安全帯に関する用語

胴ベルト型…ベルトを腰だけに装着する安全帯。

直接がけ…フックを直接構造物にかける方法。

1本吊り…構造物と作業者がロープ1本でつながっている状態。

回しがけ…ロープを構造物に回し、8字環にかける方法。

U字吊り…ロープを構造物に回し、フックをベルトのD環にかけてU字になる状態。

ランヤード…フック付ロープや補助ロープの総称。
(同一業者・同一形式・指定された部品のものを組み合わせてください。)

使用方法
1本吊り
1本吊り

構造物と作業者がロープ1本でつながっている状態です。

U字吊り
U字吊り

ロープを構造物にまわし、フックをベルトのD環にかけて
U字になる状態です。

柱上安全帯

体重を預けて作業するU字吊り状態で使用できる安全帯です。

U字吊り専用

U字吊り専用
特長

U字吊り状態で行う作業で、例えば屋内高所での電気工事などに適した安全帯です。(1本吊りは禁止)

1本吊り・U字吊り兼用

1本吊り・U字吊り兼用
特長

配電柱・送電鉄塔などへの昇降時墜落防止と、作業者の身体を安全に保持して作業能率を高めるためにご使用ください。

1本吊り・U字吊り兼用(補助フック付)

1本吊り・U字吊り兼用(補助フック付)
特長

1本吊りまたはU字吊りでも使用できる機能を備えた伸縮調節器付安全帯です。