剥離作業の手順 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > ワックス > 剥離作業の手順

剥離作業の手順

はく離剤

塗布されたワックスを溶解させ除去する液です。

はく離剤
特長

塗布されたワックス(樹脂ワックス)を溶解させ除去します。既に樹脂ワックスが塗布されていて、洗剤では除去できないときに使用します。

※ゴム床、リノリューム床、フローリングには使用できません。

はく離剤

はく離作業方法

前作業

1:清掃用パネルの設置
立ち入り禁止のパネルを設けて、作業者以外の立ち入りを禁止します。

2:ダスターがけ
ダスタークロスで粗ゴミを除去します。

3:養生作業
養生テープではく離する区画を区切り、はく離剤が作業場所以外に流れ込まないようにします。

4:はく離剤を希釈
はく離剤を水または温水で5〜10倍(※)に希釈します。
※各メーカーの仕様により異なります。※温水の場合、40℃くらいが適温となります。

はく離作業
はく離剤塗布

1:はく離剤塗布

希釈したはく離剤をモップにたっぷり付けて、均一に広げます。
(標準塗布量:1m2当たり200ml)

ポリッシャーがけ

2:ポリッシャーがけ

5〜10分間放置後、茶または黒パッドを付けたポリッシャーで丁寧に擦り洗いをします。

汚水回収

3:汚水回収

はく離汚水が乾かないうちに吸水バキュームやスクイージーではく離汚水を回収します。

水拭き

4:水拭き

水拭きを2〜3回行います。

乾燥

5:乾燥

フロアファンで乾燥させます。

  • 低臭であるかどうかを確認してください。(低臭であると病院やスーパーなど臭いが気になる現場にも対応できます。)
  • はく離剤の希釈倍率を確認してください。(希釈倍率が高いほど経済的です。)
  • ワックス被膜への浸透・溶解スピードによる違いを確認してください。
速攻浸透型反応持続型
反応が早い反応がややスロー
乾きが早い乾きが遅い
瞬時にワックス被膜を溶解するので
スベリがおさまりやすく安全。
厚いワックス被膜を除去。

『ケミカル』に関連するカテゴリ