構造用接合テープの用途 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > 接合テープ > 構造用接合テープの用途

構造用接合テープの用途

屋外使用も可能で、溶接に代わる強力な接合ができる両面テープです。

構造用接合テープ
特長
  • 強靭な接着力です。
  • 優れた変形追従性と振動吸収性です。
    柔軟性が高いので、素材の伸び縮みに対応します。
    (接着時にクランプなどで締めるとより強度が強くなります。)
  • 抜群のシール効果と耐候性です。
    面接合のため、きわめて高いシール性を発揮します。
JIS-Z-1541超強力両面粘着テープで強度を以下のように分類しています。
1種1号屋外構造用接合部焼付塗装仕様
2号屋外構造用接合部常温塗装仕様
2種一般用
3種室内用
用途
用途
  • 屋外でのパネル、プレート、サインなどの固定に。
  • ビスやねじの穴を開けずに、パネルやエンブレムなどの取り付けに。
  • 車載機器の取り付けに。
  • メタルカーテンウォールなどの補強材の取り付けに。
  • 鋼製ドアの中骨の固定に。
  • 防水機器のパネル・アクリル窓の固定に。

従来の溶接工法には、強度面、熟練工不足、塵埃が多く発生するなど問題がありましたが、溶接ではなく構造用接合テープを使うことにより、問題が解決されます。

注意事項
  • ・被着面の洗浄:被着面のホコリや水分、油分などをしっかり取り除き、よく乾かしてから使用してください。
  • ・貼り付け温度の管理:15°C以下は注意が必要です。低温接着用のテープを使うか、被着面やテープをドライヤーなどで温めて使用してください。
  • ・十分な圧着:ローラーを使う場合10kg/25mm2往復、面圧着の場合は50N(5Kgf)/cm2が目安です。
  • ・十分な養生時間:接着力は時間経過とともに増加し、約72時間後に最終接着力に達します。
  • 接合部分の強度に合わせて、テープの幅(mm)×長さ(m)×厚み(mm)を選んでください。
  • 被着体によっては専用のテープが必要になるので確認をしてください。(軟質塩ビ、PP/PE、シリコーンなど専用品があります。)