テープの種類と特長

シールテープ

各種流体配管などのねじ継ぎ手部へのシール材に使用します。

シールテープ
特長
  • テープをねじ部に巻き付けるだけで、簡単にシールでき、鉄・アルミ・ステンレス・銅などの金属パイプ、塩化ビニールなどのプラスチックパイプにも使用できます。
  • ほとんどの化学薬品(溶融アルカリ金属は除く)、溶剤、蒸気などに侵されず、優れた耐寒・耐熱性を備えています。
  • 使用温度範囲を確認してください。
    使用温度範囲の確認
注意事項本体を焼却処分しないでください。焼却すると有害ガスが発生します。

保護テープ(保護フィルム)

表面保護、養生材として使用されるテープです。

保護テープ(保護フィルム)
特長
  • 切削加工時などに金属に貼り付けて表面の保護をします。
  • ステンレス・アルミ・意匠性金属板などの金属板の表面保護に。住宅・自動車・エレクトロニクスなどの各部材の表面保護に。
    各部材の表面保護

ラインテープ

屋内における区画標示用のテープです。

ラインテープ
特長
  • 目的に応じて色で区画分けを行う際に使用します。
  • コーナー用など目的に合わせて形状を選ぶことができます。
  • 工場や体育館など屋内施設平滑面への通路表示、区画表示に。
    通路表示、区画表示
注意事項
  • ・貼る面のホコリ、油分、水分などをよく拭き取ってからテープを貼ってください。
  • ・塩化ビニールおよび可塑剤を含む下地には、剥がれが発生しますので使用しないでください。

使用する目的、用途に合わせて、テープの幅(mm)×長さ(m)、種類を確認してください。


『補修・シーリングテープ』に関連するカテゴリ