パンクズ工具の通販モノタロウ > シェルフ > パイプ棚の種類と特長

パイプ棚の種類と特長

パイプ式棚(ベタ棚タイプ)

物品の保管・仕分・陳列・収納をする棚です。

パイプ式棚(ベタ棚タイプ)
特長

ブッシュを使い棚板の位置決めをするため、ボルト締め式棚に比べ、棚板の位置変更が簡単です。形状がフラットなので、細かな積載物に対応しています。棚板は凹凸表裏の両面が使用できるタイプもあります。均等荷重(1段あたり):100〜150kg

パイプ式棚(メッシュ棚タイプ)

パイプ式棚(メッシュ棚タイプ)
特長
  • 線材構造なのでホコリがつきにくく、通気性が良い棚板です。
  • 均等荷重(1段あたり):120〜250kg
  • キャスター付タイプもあります。その時の積載荷重は取付キャスターの耐荷重となります。
パイプ棚の選び方
  • 1段あたりの耐荷重(kg)を確認してください。
  • 収納する物や形状によって棚板を選んでください。
  • 収納する商品の大きさと収納数量により、間口×奥行×高さ(mm)、段数を選んでください。
  • 材質を確認してください。(メッキ処理、ステンレスなど)

『メタルラック』に関連するカテゴリ