作業台の均等荷重の見方 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > 作業台 > 作業台の均等荷重の見方

作業台の均等荷重の見方

均等荷重(kg)

均等静止荷重とは、天板の表面に均一に荷重をかけた場合の合計量をいいます。(【図-1】参照)

均等荷重は、【図-1】のように均等静止荷重で考えてください。

均等荷重(kg)
注意事項【図-2】のように1点に300kgの荷重が集中した場合、【図-1】の均等静止荷重300kgの作業台では、耐えきれない荷重ですので、耐荷重の大きい作業台を選定してください。

キャスター使用時の均等静止荷重

キャスター使用時の均等静止荷重
注意事項
  • アジャスターの場合は、垂直荷重をアジャスターの中心で受けますが、キャスターの場合は、矢印の方向に偏芯荷重がかかるため、アジャスター使用時の耐荷重より小さくなります。
  • 移動の際には作業台の上に物を載せないでください。

寸法:間口(W)mm×奥行(D)mm×高さ(H)mm

間口(W)×奥行(D)×高さ(H)の一般的寸法
間口(W)奥行(D) 高さ(H)
900mm450mm 740mm(座り作業用)
1200mm600mm
1500mm750mm 900mm(立作業用)
1800mm 900mm
上記は、作業台の一般的な寸法です。作業環境に合わせた寸法をお選びください。