ステンレス作業台の種類 【通販モノタロウ】

ステンレス作業台の種類

組立や検査・研究などの作業に使用するステンレス製の作業台です。

ステンレス作業台
特長

ステンレス製作業台は水濡れなど、サビ・腐食が発生しやすい場所に設置します。またクリーンルーム・食品工場など、サビ・腐食による塗料のはく離や飛散を避けたい場所に設置します。
アジャスタータイプとキャスタータイプ

ステンレスの種類

ステンレス作業台は主要材質によってSUS430製とSUS304製があります。

  • SUS430………一般に18クロムステンレスと呼ばれる耐食性に優れた汎用素材です。
  • SUS304………一般に18-8ステンレスと呼ばれ、430よりさらに高い耐食性があります。
メンテナンス方法

サビや腐食に強い素材ですが、汚れを放置するとサビの原因になりますので、製品の汚れはすぐに拭き取ってください。

ステンレス作業台の種類

引出し付タイプ、スノコ棚タイプ、キャスター付タイプと様々な種類があります。
ステンレス作業台の種類

製品サイズ
  • 作業台の材質がSUS430またはSUS304かを確認してください。
  • 製品サイズ(間口×奥行×高さ)(mm)とタイプを確認してください。
  • 均等耐荷重(kg)を確認してください。
  • アジャスタータイプまたはキャスタータイプかを確認してください。

『キャビネット・ツールキャビネット』に関連するカテゴリ