パンクズ工具の通販モノタロウ > 台車 > 運搬台車の選び方

運搬台車の選び方

台車を選ぶには

材質から選ぶ
プレス製(スチール製)鋼鉄製樹脂製ステンレス製アルミ製
スチール製で頑丈な上、価格面も比較的安価で、もっともスタンダードな台車です。幅広い分野で利用されています。 溶接鉄骨構造で非常に頑丈です。耐久性を求める作業の重量物の運搬などに適しています。 樹脂製の最大の利点は、軽量である点です。荷台面はサビないので水気の多い作業場におすすめです。 防錆に優れていますので、水気の多い所や衛生面・クリーン度を求める所に適しています。 軽量で、防錆にも優れています。ステンレス製に比べて安価です。
形から選ぶ
折りたたみハンドル式・固定ハンドル式 荷物を運ぶための一番汎用的なタイプ。
両袖ハンドル式 両袖にハンドルが付いていることにより、重量物を運搬する際の二人作業や、
荷崩れ防止にも役立ちます。
2段式・3段式 各段ごとに整理運搬でき、ピッキング作業などに適しています。
サイドハンドル式 長尺物の運搬に適しています。
金網付台車 バラ物・小物・不安定な形状の荷物の運搬に適しています。
平台車 荷台面より大きい荷物や箱形の荷物の運搬に適しています。
自在・固定キャスターの取り付け位置による操作性の違い
自在・固定キャスターの取り付け位置による操作性の違い
  • (A)最もスタンダードな形で、安定性・運行性に優れています。軽量〜中量物の直進性に優れ、方向転換が容易に行えます。
  • (B)上記と同様に安定性・運行性に優れています。中量〜重量物の方向転換に優れています。
  • (C)直進性は悪く、悪路での操作性は不安定です。しかし、直角転換や旋回などの細かい動きに適しています。
  • (D)固定タイプは自在タイプよりも取り付け高さの大きな物を天秤式に取り付けます。重量物も容易に操作が可能です。