ジブクレーンの種類と特長 【通販モノタロウ】

ジブクレーンの種類と特長

比較的軽量荷物を簡単に吊り上げ、移動できる設置容易なクレーンです。

ジブクレーン
特長

各アームは人が持てる重量になっているため、組立・分解が簡単です。アーム先端に電気チェンブロック・手動チェンブロックの取り付け穴があります。容量が500kg未満は免許・資格などが不要です。

用途
  • 機械などの横に固定し、加工物(ワーク)の取り付けに・取り外しに。
  • 材料倉庫に取り付け、トラックなどからの荷の積み降ろしに。
  • 製品組立箇所に設置し、組立・梱包用に。

ジブクレーン床固定式(ポスト型)

ジブクレーン床固定式(ポスト型)
特長

360°回転します。大半は手動にて回転させますが、電動式もあります。(床固定式と移動式があります)

ジブクレーン柱取付式(ウォール型)

ジブクレーン床固定式(ウォール型)
特長

180°の旋回ができ、柱、壁に取り付けるタイプです。

  • 吊り上げる荷物の定格荷重(kg)を確認してください。
  • アーム長さ(m)を確認してください。
  • 必要揚程(m)を確認してください。
  • 設置方法を確認してください。(床に固定するタイプまたは柱・壁に固定するタイプ・移動するタイプ)
  • 柱取り付け式の場合は、揚程(m)は任意に設定できます。
  • ホイストの有無を確認してください。