シャックルの種類と特長

吊り荷とワイヤロープ・繊維スリング・チェーンなどを繋ぐ連結用金具です。

シャックル
特長

シャックルは、吊り荷を持ち上げ移動させるクレーンに使用するスリングと重量物を安全確実に連結するもっとも基本となる吊り金物です。

ボルトタイプ

ストレートタイプ
ストレートタイプ

常設、ローラーを使用した場合に使用します。
ピン形状

ストレート長タイプ(U字型)
ストレート長タイプ(U字型)

矢板引き抜きに使用します。

バウタイプ(O字型)
バウタイプ(O字型)

ワイヤロープを2本掛けした時にワイヤ同士が重なりにくいです。

ねじ込みタイプ

ストレートタイプ
ねじ込みタイプ

頻繁に取り外しすることがある場合に使用します。
ピン形状

ストレート長タイプ(U字型)
ストレート長タイプ(U字型)

矢板引き抜きに使用します。

バウタイプ(O字型)
バウタイプ(O字型)

ワイヤロープを2本掛けした時にワイヤ同士が重なりにくいです。

JISシャックルについて

JISシャックルはJIS B 2801-1996規格において、4つの等級(M級、S級、T級、V級)が制定されました。

JISシャックル

(例)

項目 表示 意味
@使用荷重 WLL8T 使用荷重が8トン
A等級 M 等級がM級
B製造業者 ○○○○ P7
C製造ロット番号 ○○○○が製造 ロットNO.(製造年を表します)
  • 吊り荷の重量を確認してください。
  • 使用荷重(t)を確認してください。
  • サイズ・材質(鉄・ステンレス)・表面処理(黒・メッキ)を確認してください。
  • ボルトタイプ・ねじ込みタイプを確認してください。
  • 作業現場に応じJIS規格品をお使いください。

『ターンバックル・シャックル』に関連するカテゴリ