パンクズ工具の通販モノタロウ > フラスコ > フラスコの種類と特長

フラスコの種類と特長

化学実験で、主に蒸留やかくはんに用いる口の小さな容器です。

フラスコ
特長
  • 液体を一時的に保管します。
  • 首が細いため、外部に揮発したガスが出ていきにくく、液面からの蒸発を抑えることができます。

三角フラスコ

三角フラスコ
特長
  • 外から液体を加えたとき、跳ねた液体もフラスコ外に飛びにくい形状です。

共栓三角フラスコ

共栓三角フラスコ
特長
  • 首にすり合わせのガラス栓が付いていてかくはんに使用します。
  • 栓があることにより、手で激しく振って内容物を混ぜることができます。

ナスフラスコ

ナスフラスコとロータリーエバポレーター
特長
  • 口から胴体にかけて肩がない涙滴型のため、液で塗れる壁面が大きくなっています。
  • 溶媒留去して乾いてかたまった固体、アメ状液体を掻き出しやすい形状です。
  • ロータリーエバポレーター(試料の蒸留、濃縮を行うもの)に装着します。
  • 用途に合うタイプ(種類)を選んでください。
  • 液体の容量(ml)を確認してください。