実験用スタンドの種類と特長 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > 架台・スタンド・ホルダー類 > 実験用スタンドの種類と特長

実験用スタンドの種類と特長

実験用器具の固定に使用するスタンドです。

実験用スタンド

パイプやムッフを増設して使用環境にあったスタンドを組み立てできます。

増設用パーツ
増設用パーツ

ムッフ
スタンドの支柱と器具を固定するクランプなどの固定に。

クランプ
ガラス器具などの固定保持に。

ベースストッパー
システムスタンドを実験台上に固定するために。

注意事項スタンド構成部品に薬液など付着した場合はウエスなどで綺麗に拭き取ってください。

システムスタンド

蒸留装置・反応抽出装置・分留装置の固定などに使用します。

システムスタンド
特長
  • シンプルなデザインですが強度もありパイプの増設や組み方によってシングルやダブルタイプのワイド型にもなります。
確認
  • 取り付けられるガラス器具・装置の大きさや形状によりスタンドの寸法(幅×奥行×高さ)(mm)選定してください。

H型&平台スタンド

かくはん機やピペットなどを固定するための検査補助器具・実験用スタンドです。

H型&平台スタンド
特長
  • ガラス器具・装置、ピペット、小型かくはん機の取り付けに使用できます。
確認
  • 固定する器具の形状や大きさを確認の上、台形状・支柱の長さを選んでください。
  • 使用する場所によって材質を選んでください。