工具の通販モノタロウ>防じんマスク>防じんマスクに関する留意事項

防じんマスクの選択、使用等についての概要

(通達より主な内容を抜粋し要約したものです。)

全体的な留意事項

  • 事業者は、作業場ごとに防じんマスクを管理する保護具着用管理責任者を指名し、必要な指導を行わせるとともに、保守管理に当たらせること。
  • 事業者は、作業に適した防じんマスクを選択し、着用する労働者に対し、取扱説明書、ガイドブック、パンフレット等に基づき、適正な装着方法、使用方法及び顔面と面体との密着性の確認方法について十分な教育や訓練をすること。

防じんマスクの選択に当たっての留意事項

面体及びろ過材ごとに型式検定合格品であることを確認し、粉じん等の種類及び作業内容に応じ、防じんマスクの規格第1条第3項に定める性能を有するもの(取替え式防じんマスクの場合はRS1、RS2、RS3、RL1、RL2及びRL3に、使い捨て式防じんマスクにあってはDS1、DS2、DS3、DL1、DL2及びDL3に区分するもの)であること。
性能が記載されている取扱説明書などを参考に、それぞれの作業に適した防じんマスクを選ぶこと。
作業環境中の粉じん等の発生状況やばく露の危険性の程度等を考慮して、適切な区分の防じんマスクを選ぶこと。高濃度ばく露のおそれのあるときは、できるだけ粉じん捕集効率の高く、かつ、排気弁の動的漏れ率の低いものを選ぶこと。
マスクの面体の高い密着性が要求される有害性の高い物質を扱う作業の場合は、取替え式防じんマスクを選ぶこと。
ろ過材を有効に使用することのできる時間は、作業環境中の粉じん等の種類、粒径、発散状況及び濃度に影響を受けるため、これらの要因を考慮して選択すること。吸気抵抗上昇値が高いものほど目詰まりが早く、より短時間で息苦しくなることから、有効に使用することのできる時間は短くなること。また、防じんマスクは一般に粉じん等を捕集するに従って吸気抵抗が高くなるが、RS1、RS2、RS3、DS1、DS2又はDS3の防じんマスクでは、オイルミスト等が堆積した場合に吸気抵抗が変化せずに急激に粒子捕集効率が低下するもの、また、RL1、RL2、RL3、DL1、DL2又はDL3の防じんマスクでも多量のオイルミスト等の堆積により粒子捕集効率が低下するものがあるので、吸気抵抗の上昇のみを使用限度の判断基準にしないこと。
防じんマスクの顔面への密着性の確認
粒子捕集効率の高い防じんマスクであっても、着用者の顔面と防じんマスクの面体との密着が十分でなく漏れがあると、粉じんの吸入を防ぐ効果が低下するため、以下の方法又はこれと同等以上の方法により密着性の良否を確認させること。作業時と同じように保護具類を正しく装着した状態で確認を行う。
取替え式防じんマスクの場合陰圧法/陽圧法
使い捨て式防じんマスクの場合取扱説明書に記載の漏れ率のデータにより着用者に合ったものを選ぶこと。

防じんマスクの使用に当たっての留意事項

防じんマスクは酸素濃度18%未満の場所、また、有害なガスが存在する場所では使用してはならない。
防じんマスクを着用する前には、その都度、着用者に点検を行わせること。また、予備の防じんマスク、ろ過材を用意していること。
顔面と面体の接顔部の位置、しめひもの位置及び締め方等を適切にさせること。しめひもは、耳にかけるず後頭部において固定させること。
着用後、空気の漏れ込みがないことをフィットチェッカー等を用いて確認させること。
次のような防じんマスクの着用は、粉じん等の漏れこみのおそれがあるため行わせないこと。
タオル等を当てた上から防じんマスクを使用すること。
接顔部に「接顔メリヤス」等を使用すること。ただし、防じんマスクの着用により皮膚に湿しん等を起こすおそれのある場合で、かつ、密着性が良好である時はこの限りではないこと。
着用者のひげ、もみあげ、前髪等が接顔部に入り込んだり、排気弁の作動を妨害するような状態で使用すること。
防じんマスクの使用中に息苦しさを感じた場合には、ろ過材を交換すること。なお、使い捨て式防じんマスクの場合、マスクに表示される使用限度時間内であっても、息苦しさを感じたり、著しい型くずれを生じた場合には廃棄すること。

防じんマスクの保守管理上の留意事項

予備の防じんマスク、ろ過材その他交換部品を常時備え付け、適時交換して使用できるようにすること。
使用後は粉じん等や湿気の少ない場所で、各部品の破損、き裂、変形等の状況及びろ過材の固定不良、破損等の状況を点検し、次の方法により手入れを行うこと。取扱説明書等に特別な手入れ方法が記載されている場合は、その方法に従うこと。
ひ素、クロム等の有害性が高い粉じん等に対して使用したろ過材については、1回使用ごとに廃棄すること。
水洗が可能な旨の記載のあるもの以外のろ過材は水洗いしてはならないこと。
取扱説明書等に記載されている防じんマスクの性能は、ろ過材が新品の場合のものであり、一度使用したろ過材を手入れして再使用(水洗して再使用することを含む。)する場合は、新品時より粒子捕集効率が低下していないこと及び吸気抵抗が上昇していないことを確認して使用すること。
次のいずれかの場合は、防じんマスクの部品を交換、又は防じんマスクを廃棄すること。
ろ過材については破損した場合、穴があいた場合又は著しい変形を生じた場合
吸気弁、面体、排気弁等については破損、き烈若しくは著しい変形を生じた場合又は粘着性が認められた場合
しめひもについて、破損した場合又は弾性が失われ、伸縮不良の状態が認められた場合
使い捨て式防じんマスクについては、使用限度時間に達した場合又は使用限度時間以内であっても、作業に支障をきたすような息苦しさを感じたり、著しい型くずれを生じた場合
点検後、直射日光の当たらない、湿気の少ない清潔な場所に専用の保管場所を設け、管理状況が容易に確認できるようにすること。保管に当たっては、積み重ね、折り曲げ等による破損等の異常を生じないようにすること。
使用済みのろ過材及び使い捨て式防じんマスクは、付着した粉じん等が再飛散しないように容器又は袋に詰めた状態で廃棄すること。

製造者等が留意する事項

防じんマスクの販売に際し、事業者等に対し、防じんマスクの選択、使用等に関する情報の提供及びその具体的な指導をすること。
防じんマスクの選択、使用等について、不適切な状態を把握した場合には、これを是正するように、事業者等に対し、指導すること。
「防毒マスクの選択、使用等について」の概要(通達より主な内容を抜粋し要約したものです。)
全体的な留意事項
  • 事業者は、各作業場ごとに防毒マスクを管理する保護具着用管理責任者を指名し、必要な指導を行わせるとともに、保守管理に当たらせること。
  • 事業者は、作業に適した防毒マスクを選択し、着用する労働者に対し、当該製品の取扱説明書、ガイドブック、パンフレット等に基づき、適正な装着方法、使用方法及び顔面と面体との密着性の確認方法について十分な教育や訓練をすること。

防毒マスクの選択に当たっての留意事項

吸収缶(ハロゲンガス用、有機ガス用、一酸化炭素用、アンモニア用、及び亜硫酸ガス用のものに限る)及び面体ごとにそれぞれが、型式検定合格標章により型式検定合格品であることを確認すること。
性能が記載されている取扱説明書などを参考に、それぞれの作業に適した防毒マスクを選ぶこと。
作業環境中の有害物質の種類、濃度及び粉じん等の有無に応じて、面体及び吸収缶の種類を選ぶこと。その際、以下の事項について留意すること。
有害物質の種類、発散状況、濃度、作業時のばく露の危険性の程度を着用者に理解させること。
作業環境中の有害物質の濃度に対して十分な余裕のあるものを選ぶこと。
有機ガス用防毒マスクの吸収缶は、有機ガスの種類により試験ガスと異なる破過時間を示す場合が有ること。(特にメタノール、ジクロルメタン、二硫化炭素、アセトン等については著しく短くなる)
使用する環境の温度又は湿度によって、吸収缶の破過時間が短くなる場合があること。
吸収缶の破過時間の推定が必要な際には、当該吸収缶の製造者等に照会すること。
ガス又は蒸気状の有害物質が粉じん等と混在している作業環境中では、粉じん等を捕集する防じん機能を有する防毒マスクを選択すること。
防じん機能を有する防毒マスクの吸収缶は、作業環境中の粉じん等の種類、発散状況や作業時のばく露の危険性の程度を考慮した上で適切なものを区分の中から選ぶこと。
2種類以上の有害物質が混在する作業環境中で防毒マスクを使用する場合は、混在する2種類についてそれぞれに合格した吸収缶を選定すること。この場合の吸収缶の破過時間については、当該吸収缶の製造者等に照会すること。
防毒マスクの顔面への密着性の確認
着用者の顔面と防毒マスクの面体との密着が十分でなく漏れがあると、有害物質の吸入を防ぐ効果が低下するため、陰圧法又は陽圧法により密着性の良否を確認させること。作業時と同じように保護具類を正しく装着した状態で確認を行うこと。

防毒マスクの使用に当たっての留意事項

防毒マスクは酸素濃度18%未満の場所では使用してはならないこと。
防毒マスクを着用しての作業は、通常より呼吸器系等に負担がかかることから、呼吸器系等に疾患のあるものについては、防毒マスクを着用しての作業が適当であるか否かについて産業医等に確認すること。
着用する際には、その都度、着用者に点検を行わせること。また、予備の防毒マスク、吸収缶を用意していること。未使用の吸収缶にあっては、製造者が指定する保存期限を超えていないこと。また、包装が破損せず気密性が保たれていること。
防毒マスクの使用時間について、当該防毒マスクの取扱説明書及び破過曲線図、製造者等への照会結果等に基づいて、有害物質の濃度や環境温度及び湿度等の状況に対して余裕の有る使用限度時間をあらかじめ設定すること。吸収缶に添付されている使用時間記録カードには、使用した時間を必ず記入し、使用時間を超えて使用させないこと。
防毒マスク使用中に有害物質の臭気等を感知した場合は、直ちに着用状態の確認を行わせ、必要に応じて吸収缶を交換させること。
防毒マスクを適正に使用させるため、一度使用した吸収缶は、十分な除毒能力の残存が確認できるもののみ再使用することができる。ただし、メタノール、二硫化炭素等、破過時間が試験ガスよりも著しく短い有害物質に対して使用した吸収缶は再使用させないこと。
顔面と面体の接顔部の位置、しめひもの位置及び締め方等を適切にさせること。しめひもは耳にかけず後頭部において固定させること。
着用後、空気の漏れ込みがないことをフィットチェッカー等を用いて確認させること。
次のような防毒マスクの着用は行なわせないこと。
タオル等を当てた上から防毒マスクを使用すること。
接顔部に「接顔メリヤス」等を使用すること。
着用者のひげ、もみあげ、前髪等が接顔部に入り込んだり、排気弁の作動を妨害するような状態で使用すること。
防じんマスクの使用が義務付けられている業務において防毒マスクの使用が必要な場合には、防じん機能を有する防毒マスクを使用させること。吹きつけ作業等のように、防じんマスクの使用義務のない業務であっても、有機溶剤の蒸気と塗料の粒子等が混在している場合は、同様に、防じん機能を有する防毒マスクを使用させること。

防毒マスクの保守管理上の留意事項

予備の防毒マスク、吸収缶、その他交換部品を常時備え付け、適時交換して使用できるようにすること。
使用後は有害物質や湿気の少ない場所で、各部品の状況及び吸収缶の固定不良や破損等の状況を点検し、手入れを行うこと。取扱説明書に特別な手入れ方法が記載されている場合は、その方法に従うこと。吸収缶については、充填材の吸湿、又は乾燥等により能力が低下するものが多いため、使用直前まで開封しないこと。
次のいずれかの場合は、防毒マスクの部品を交換、又は防毒マスクを廃棄すること。
吸収缶については破損若しくは著しい変形が認められた場合又はあらかじめ設定した使用限度時間に達した場合。
点検後は直射日光の当たらない湿気の少ない清潔な場所に専用の保管場所を設け、管理状況が容易に確認できるようにすること。保管に当たっては、積み重ね、折り曲げ等による破損等の異常を生じないようにすること。
なお、一度使用した吸収缶を保管すると、一度吸着された有害物質が脱着すること等により、破過時間が破過曲線より推定した時間より著しく短くなる場合があるので注意すること。
使用済みの吸収缶の廃棄にあっては、吸収剤に付着した有害物質が遊離し、又は吸収剤が飛散しないように容器又は袋に詰めた状態で廃棄すること。

製造者等が留意する事項

防毒マスクの販売に際し、事業者等に対し、防毒マスクの選択、使用等に関する情報の提供及びその具体的な指導をすること。
防毒マスクの選択、使用等について、不適切な状態を把握した場合には、これを是正するように、事業者等に対し、指導すること。

『防じんマスク』に関連するカテゴリ