アルミ記号の読み方 【通販モノタロウ】
工具の通販モノタロウ > 金属素材 > アルミ記号の読み方

アルミ記号の読み方

アルミニウムおよびアルミ合金を表す記号

アルミニウム合金の系統(種類)
1 アルミ純度99.90%またはそれ以上の純アルミニウム
2 Al-Cu(銅)系(2000系)
3 Al-Mn(マンガン)系(3000系)
4 Al-Si(ケイ素)系(4000系)
5 Al-Mg(マグネシウム)系(5000系)
6 Al-Mg-Si系(6000系)
7 Al-Zn(亜鉛)-Mg系(7000系)
8 上記以外の系統のアルミニウム合金
9 予備


アルミニウム制定順位
0 基本合金
1〜9 合金の改良形
N 日本独自の合金、または 国際登録合金以外の規格による合金


純アルミニウムかアルミ合金か
純アルミニウム アルミ純度小数点以下2桁
アルミ合金 旧アルコア記号 (アメリカの会社のアルミ規格記号)


材料の形状
P 板、上、円板
PC 合わせ板
BE 押出棒
BD 引抜棒


調質記号…H××:加工硬化処理、TXX・・・熱処理(Xには個別の数字が入る)
0 焼きなまし
製造されたまま(押出、鍛造されたままのもの)
H112 積極的な加工硬化を加えずに製造状態で
機械的性質の保証されたもの
H24 所定の値以上に加工硬化(H18)した後に、適度の
熱処理によって所定の強さまで低下したもの(1/2硬質)
H34 冷間加工を行い、さらに安定化処理をしたもの(1/2硬質)
T4 焼入れのみで、通常4日程度の常温放置で時効硬化したもの
T5 高温加工から急冷し、焼き戻し処理をしたもの
T6 焼入れ後、焼き戻し処理をしたもの。熱処理合金の
代表的な処理方法。冷間加工を行うことなく強度が得られる
T351 焼入れ後、1〜3%の永久歪みを与える引張加工により、
残留応力を除去し、さらに自然時効させたもの
T651 T6に引張加工を施して残留応力を除去したもの。加工歪み防止。