アンカーボルトの使い方 【通販モノタロウ】
工具の通販モノタロウ > アンカーボルト > アンカーボルトの使い方

アンカーボルトの使い方

アンカーボルトは、構造部材や装置をコンクリートの土台に固定するための部品です。引っ張りやせん断に抵抗する役割を持ち、取り付けられた部材をしっかりと確実にコンクリート土台に固定します。アンカーボルトは、その役割や仕組みによっていくつかの種類に分類できます。

アンカーボルトの種類別の使い方

アンカーボルトは、コンクリートの土台や壁面に設備や部材を強固に取り付けることができるアイテムです。簡単な作業でしっかりとした固定が得られるため、設備の転倒防止や地震対策などに手軽に利用することができます。 ここでは、種類ごとにそれぞれのアンカーボルトの使い方や特徴を見てみましょう。

アンカーボルト(通常品)

最も基本的なアンカーボルトです。コンクリートの打設を行う前の鉄筋に、ワイヤなどを用いてボルトを取り付けます。より正確な位置への取り付けを行いたい場合は、鉄筋への固定だけでは不十分なケースも少なくありません。 取り付け時の対策は、型枠に開けた穴にアンカーボルトを固定したり、位置出し材を併用したりといった工法が考えられます。

複数のアンカーボルトを高い位置精度で密に配置したい際には、あらかじめ任意の間隔で穴をあけた鋼材にボルトを差し入れ、溶接して鋼材とボルト類を一体化させる工法をとる場合があります。 アンカーボルトの埋め込みの深さ、期待する突出部の長さをよく考慮した上でコンクリートの流し込みを行い、凝固させて下さい。

打込みアンカー

通常品のアンカーボルトとは異なり、すでに凝固の済んでいるコンクリートの土台や壁に対して、後から打ち込む形式のアンカーボルトです。

まずはコンクリートに対してハンマードリルなどを用いて、適切な径および深さの下穴を開け、切り粉などをブロワーで排除します。そこに打込みアンカーをしっかりと差し入れ、芯または外周部など特定の部位をハンマーで叩くことで、 打ち込みアンカーの下部が広がり、穴の内部にしっかりと食い込んで固定されるという仕組みです。打ち込みアンカーには芯棒打込み式の雄ネジタイプの製品や、本体打込み式の雌ネジタイプの製品などがあります。

いずれのタイプも、特定の部位に打撃を加えることで拡張部が拡張し、コンクリートの穴に固定されることが特徴です。誰が施工しても安全で熟練した技術も必要がないので、広く用いられています。

打込みアンカーの例

ケミカルアンカー(接着系アンカー)

カプセル型の容器に接着剤が封入されており、この接着剤の化学反応を利用してアンカーボルトと土台との固定を得るタイプのアンカーボルトです。接着剤の化学反応を用いることから、接着系アンカーとも呼ばれます。

基本的な取り付けは、打込みアンカーおよび締め付けアンカーと変わりません。コンクリートに開けた穴の粉塵をよく除去した上で、ケミカルアンカーを差し込み、 そこに全ネジや異形鋼棒などを打ち込んで接着剤を包んだ容器を割ることで化学反応が始まり、コンクリートとボルトを固着させます。

ケミカルアンカーの例

締め付けアンカー

打込みアンカーと類似した仕組みで、ネジの締め付けを利用してコンクリートに固定するタイプのアンカーボルトです。使い方はコンクリートに適切な径および、十分な長さの穴を開けて切り粉をブロワーで排除します。 そこにアンカーボルトを差し込み、ナットを規定のトルク値まで締め付けることで、内部のスリーブが拡張してコンクリートの穴の内壁にしっかりと固定されることが特徴です。

締め付けアンカーの例

<まとめ>

コンクリートアンカーは、コンクリートの土台や壁に対して部材をしっかりと固定することができる便利なアイテムです。誰でも施工できる手軽さが特徴なので、工事現場で使うケースも少なくありません。工事のときの安全性を考えるときは、ぜひ使用して下さい。