工具の通販モノタロウ > 安全帯 > 一般高所用安全帯

一般高所用安全帯(一本吊り用安全帯)

胴ベルト型

ベルトにランヤードを接続しただけの シンプルな安全帯。最も基本的なタイプであり、 日本では現在でも広範に使用されています。

ハーネス型

長時間の作業でも局部的に負荷が集中せず、 墜落発生時にも落下衝撃が分散緩和されて、 損傷を小さくします。
諸外国においては安全帯 といえばハーネス型が常識とされています。




ランヤードには ロープ/ストラップ式とストラップ巻取式があり、 ストラップ巻取式にはこんなメリットが…
ストラップ巻取式

ストラップが収納できるため、作業中邪魔にならない 他、たるんだランヤードを構造物等に引っ掛け、体の バランスを崩す等のリスクを防ぐ利点があります。




ランヤードには 1丁掛けと2丁掛けがあり、2丁掛け (ツインランヤード)にはこんなメリットが…
ツインランヤード

安全帯のフックを掛け替える時の、 無胴綱状態を無くして 墜落災害をシャットアウトします。