バルブの種類と特長 【通販モノタロウ】
工具の通販モノタロウ > バルブ > バルブの種類と特長

バルブの種類と特長

バルブとは

バルブとは、配管内の水や空気、ガスなどを制御したり、止めたりすることができる機器です。

ここでは各種類ごとに制御方法、用途、流体抵抗、開閉時間、開閉トルクの項目で説明いたします。

また、逆流を防止するキャッチバルブの特徴についても解説いたします。

バルブの種類と特長

ボールバルブ
ボールバルブ
  • 制御方法:貫通孔の開いたボールが回転
  • 用途:ON-OFF(流量調節不可)
  • 流体抵抗:極めて小さい
  • 開閉時間:短い(90°回転)
  • 開閉トルク:比較的大きい
グローブバルブ(玉形弁)
グローブバルブ(玉形弁)
  • 制御方法:弁体が弁座に円すい状に接触
  • 用途:流量調節可
  • 流体抵抗:大きい(流路がS字状のため)
  • 開閉時間:長い(ハンドル回転数が多い)
  • 開閉トルク:大きい
ゲートバルブ(仕切弁)
ゲートバルブ(仕切弁)
  • 制御方法:弁体が流体の流れを仕切る
  • 用途:ON-OFF(流量調節不可)
  • 流体抵抗:極めて小さい
  • 開閉時間:長い(ハンドル回転数が多い)
  • 開閉トルク:比較的小さい
バタフライバルブ(蝶形弁)
バタフライバルブ(蝶形弁)
  • 制御方法:弁体が回転
  • 用途:流量調節可
  • 流体抵抗:小さい
  • 開閉時間:短い(90°回転)
  • 開閉トルク:小さい
キャッチバルブ
キャッチバルブ
  • 管内の流れを止めて逆流を防止する機能を持ちます。
  • 弁体が弁座に相対して蝶番式にピンで取り付けられています。
  • 流体の流で開き、逆流が発生した場合弁体の弧状運動で弁座に密着し、管路を止めて逆流を防ぎます。
  • 逆止弁は流れが一方通行になっています。

ボアの違い

- フルボア スタンダードボア レデューストボア
管(呼び径)とボール 同一 呼び径よりボール内径が1サイズ小さい 呼び径よりボール内径が1サイズ以上小さい
流量損失 ほとんどなし 増える かなり増える
構造の大きさ 小(省スペース)

バルブを選定する時のポイント

下記項目を確認して選定するようにしてください。

  • 使用圧力(Mpa)
  • バルブ本体の材質(使用する流体に合わせる)
  • 配管の呼び寸法