工具の通販モノタロウ > ブレーキ/ブレーキシュー > ブレーキの種類について

ブレーキの種類について

キャリパーブレーキ

主にロードバイクのブレーキ、一般車(軽快車)の前ブレーキとして使用されています。リムをシューに挟んでブレーキをかける仕組みになっています。前後の区別があり、取付ボルトの長さで見分けることが可能です。長い方が前用、短い方が後用になります。

キャリパーブレーキ
  • メリット
  • ブレーキが軽量でコンパクト!
  • スピードコントロールがしやすい!
  • 構造がシンプルで調整も簡単!
  • デメリット
  • 幅の広いリムに使用できない。
  • 悪路を走ると泥詰まりしやすい。

Vブレーキ

主にMTBやクロスバイク用に使用されています。正面から見ると左右のアームがV字の形になっている為、Vブレーキと呼ばれています。フレームは、Vブレーキ用の台座が付いている「V/カンチブレーキ対応」のフレームに取り付け可能です。

Vブレーキ
  • メリット
  • 制動力が非常に高い!
  • デメリット
  • ロードキャリパーブレーキ用、カンチブレーキ用のレバーに対応していない。
  • ブレーキが左右に分かれているので、左右の調整が難しい。

カンチブレーキ

主にシクロクロスやツーリング車などで使用されています。フレームとフォークは、Vブレーキ用の台座が付いている「V/カンチブレーキ対応」のフレームでアウター受けが必要です。

Vブレーキ
  • メリット
  • 泥詰まりしにくい!
  • ロードキャリパー用のブレーキレバーに対応している!
  • デメリット
  • Vブレーキに比べてブレーキシューの調整が難しい。

『バイク・自転車用品』に関連するカテゴリ