バッテリーの交換方法 【通販モノタロウ】
工具の通販モノタロウ > バッテリー > バッテリーの交換方法

バッテリーの交換方法

カーバッテリーの交換方法

ここでは、カーバッテリーの交換方法をご紹介します。下記の動画ではモノタロウのプライベートブランド商品であるメンテナンスフリーバッテリーを例に分かりやすく解説していますが、以下詳細のポイントをご説明しますので、併せてご確認ください。

バッテリーの交換方法は至って簡単です。10mmのスパナ一本で出来る車種も多いです。

注意すべきは端子を外す順番です。また、希硫酸が主成分のバッテリーは傾けないように注意してください。溢れる危険があります。端子は必ず、マイナス側を先に外し、装着の際はプラス側を先に取り付けます。また、作業中もマイナス端子がプラス端子に接触しないように注意してください。ショートしてバッテリーや車両自体が傷ついたり、作業者にも被害が出たりする可能性があります。

マイナスもプラスも作業は同じですが、まず、端子のナットをゆるめたら、金属部をもって引き上げて外します。スパナでも問題無いですが、ソケットレンチやラチェットハンドルであればより早く行えます。新しいバッテリーを入れる際邪魔にならないよう、配線や端子類はガムテープで止めておくと良いでしょう。

次に、バッテリーを固定するステーを外していきます。ステーの両端にあるナットをスパナかラチェットハンドルで緩めていきます。この時緩めるだけでよく、ナットを外す必要はありません。ある程度まで緩むと片面の金属棒を金具から取り外すことが出来ます。(金属棒を外さないタイプもあります)金属棒の先はフック型になっており、ボディーの穴に引っ掛けてあるので、この穴からフックを外せば金属棒を取り出せます。反対側の金属棒は外す必要はありません。片側をボディに固定し金属棒が1本のタイプのステーは、ボディ側のボルトを外してしまいましょう。ステーが外れればバッテリーを取り出せます。傾けないよう注意してください。

カーバッテリーの取り付け方のポイント

新しいバッテリーを取り付ける前に受け皿を綺麗にしましょう。

バッテリーに取っ手があると取り付けの際には扱いやすいですが、ステーの金属でバッテリーを確実に抑えられないこともあるので、最終外してどこかに保管するか、ステーで固定してから再度取り付けるようにしましょう。

バッテリーをセットしてしまうと、ステーの金属棒先端にあるフックを掛ける位置を見失うこともあるので、予め場所を覚えておいてください。先にステーの金具と一体になっている方のフックをボディの穴にかけ、続いて片側の金属棒のフックをかけたらステーの金具の溝に金属棒を収めナットを指先と工具を使って締めていきます。このとき、両方のナットを交互に締めましょう。締め過ぎはバッテリを破損させるので、バッテリーを揺すってみてガタつかない程度に締めましょう。

片側をボディに固定し金属棒が1本のタイプのステーは、フックを穴にかけたらボディ側をボルトで固定します。端子の取り付けはプラスから行います。端子をターミナルの奥まで入れナットを締めて固定します。プラス端子のカバーは安全上重要なので、しっかり元の位置に戻します。マイナス端子も同様に取り付けます。